バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
いろいろきたぞ!

もはやごまかしはきかないね。
先日のサモア、スマトラに続いて、またもやインドネシアで大地震発生。
HAARPの表示パターンも見事に合致している。

だが、HAARPの動きは2発現われているので、まだこれで終わりではないかもしれない(ちょっと前のアフガニスタンとか、ついさっきの長野とかがそれでなければね)。

ところで、前にも何度か紹介しているe-PISCOという大気中イオン濃度による地震予測サイトなのだが、地震とHAARPの関係を事実上バラしていた。
その後、観測器の調整という名目で停止していたのを再稼働させたのだが、なにやらよくわからない理由で再びこれが停止している。
これについては圧力がかかったのではないかという憶測も飛んでいるようだ(ついさっきまで気づいてなくて、いまさらで恐縮だが)。

なんにしても、人工地震計画はまだまだ続くかもしれないので要注意だ。
さらには人工台風説もあるので、こちらもあわせて警戒するようだろう。

さて、人工物と言えば、同じようにその疑いのある新型インフルエンザがある。
さっき、テレビのニュースを見ていたところ、ついにオバマが「国家非常事態」に指定したというのだから穏やかじゃない。
とうとう本格的に始まったか、という感じだ。

で、これに関しては本当に声を大にして申し上げたい。
問題なのは新型インフルエンザなんぞではなくて「ワクチン」のほうだ。
話がこのへんにまとまっているので、騙されたと思って一度は読んでくれ。

http://volo.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24
http://www.davidicke.jp/blog/20090906-1/
http://www.davidicke.jp/blog/090906-2/

背筋が凍るような話ばかりだ。
実際、なにを注射されるかわからない。
すぐに危険なことになる物質かもわからないし、不妊を作り出す、つまり、長期的に人口削減を目指すようなものかもしれない。

少なくとも言えることは、すでにヤバい物質が混じったワクチンが世界の各所で見つかって大騒ぎになっているし、そういう問題が起こったとしても「緊急的な措置」であることを理由に、被害については製薬会社は免責であるということだ(このワクチンはすでに2年前に開発され、特許まで取得されているらしいけどな…)。
これは日本も例外ではなく、海外製のワクチンに関しては、日本政府の責任でやろうということらしく、またもや薬害問題に発展する可能性が大だし、世界的なプロジェクトの盛り上がりからすれば、その程度のレベルでは済まないかもわからない。

そして、前にも書いたが、オバマというか、そのバックを含めた連中は、一部支配層を除いて、すべての人間にこのワクチンを接種することを狙っているようである。
国家非常事態宣言なんてのは、まさにこのための理由づけとしか考えられないのだ。
いよいよ、計画は本格化すると見るべきだろう。

軍などにおいては強制接種が始まっているという内部告発もある。
すでに戦いは始まっているのだ。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/09/post_224e.html

ちなみに、地震に見舞われているインドネシアだが、ワクチンの輸入を拒絶している数少ない国である。
さらに言えば、いままさにASEAN+3の会合が行なわれている真っ最中であるわけだ。
ご存知のように、インドネシアといえば、ミャンマーと並ぶアジアの資源大国である。

なお、どこで読んだのか忘れたが、人工削減計画について、日本は「江戸時代くらいの水準が望ましい」と勝手に決められているらしい。
その時代の人口は4000万人くらいだ。
ちなみに、政府が用意したワクチンは7700万人分である。

ここまで読んで「そんなバカな!」と笑っている人、もうちょっとだけつき合ってくれ。
有名な映画監督であり、FRBの欺瞞について徹底糾弾していたアーロン・ルッソという人がいる。
この人はガンで亡くなっているのだが、その半年前に、後世にこの証言を残すべきと考えて、インタビューで勇気ある告白をしているのだ。

http://ayarin.iza.ne.jp/blog/entry/1221127/
http://ayarin.iza.ne.jp/blog/entry/1221602/

メインは911自作自演から中東侵略の話であるわけだが、重要なのはその後の世界の運営に関する部分だ。
今日のオバマの発言からして、彼が証言している話がまったくのデマであるとは言い切れなくないか?
まるで、いまの世界の混乱ぶりを見ていたかのようだ。
念のために繰り返すが、この人は「2年前に他界」しているのである。

だから、絶対にこのワクチンは受けちゃならない。
どんなことがあっても拒否しなければならないだろう。

そうなると、今度は本当に毒性が増した病気が蔓延するかもしれない。
たとえば、ワクチンの一部に、空気感染するようなウイルスを混ぜておいてもいいし、空から撒いてもいいし、731という国際金融資本お抱えだった細菌部隊が開発した動物媒介方式でも可能なのだ。

そして、日本でも強制接種の方向に向かうかもしれないが、それでも最後の最後まで抵抗しなければならない。
それくらいヤバい話なのだ。

だいたい、考えてみればわかるではないか。
ワクチンの優先接種権を持っているのは「妊婦」だったり「子供」だったりするわけだ。
医療関係者に至っては、事実上、強制接種のようなものだろう。

もっと怖い話をすれば、オーストラリアでは、アボリジニーに対して無償での接種を決めているそうだ。
国民皆保険すらないアメリカでも、強制接種を法制化した州もあるし、あのニューヨーク市が子供全員に予算をつけて無償接種を行なうという、大盤振る舞いである。

日本では有料かつ任意接種という形にしているわけだが、これはマスコミのネガキャンやら売国奴やらに突っつかれながら、必死に抵抗しているまともな人間が厚生労働省にいるからだろう(2回接種を原則として、接種を諦めさせるのは失敗したようだが)。

この件、慌てずに本当に自分の頭で考えてもらいたいと、熱烈に希望する。

これから、ほんとなにが起こるんだろうね。
経済のほうもマジでヤバそうな雰囲気だしねえ。
ほんと、気の狂ったヤツらのおかげで、世界はいつまでたっても平和にならんよな…。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200910251027
<<どうしても日本をメチャクチャにしたいらしいな | やっぱり、毎日がけっぷち | よくも悪くも日本人はまっとうだから…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。