バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
盧武鉉死んだのか!

べつに内政干渉とかそういうことじゃなくて、韓国の大統領なんてなるもんじゃないと思う。
歴代大統領のほとんどが、任期満了後に投獄されるなど、悲惨な目にばっかり遭っている。

ちなみに、盧武鉉というのは、そのなかでも一番叩かれる要素に満ちていた男だ。

韓国というのは、裏金とか賄賂とかがわりと普通に「政治的ツール」として使われている国だ。
たとえ、本人がクリーンにやろうとしても、その家族やら親戚やら友人やら、ひどい場合には単なる知り合いだとか、知り合いの知り合いのような「他人としか思えない間柄」でさえも利権に群がってくる。
日本にも似たような部分はあるわけだが、程度とレベルで言えば半端じゃないレベルだ。

というわけで、政権についている間はともかくとして、やめるとさまざまなものが噴出してくる可能性が高いのもこの国の特徴だ。
現時点の政権運営がうまく行っているうちはいい。
これが崩れてくると、どこかにガス抜きのための人身御供を見つけなければならないことになるわけだ。
韓国の場合、そのうちのひとつが日本であって、もうひとつがかつての政権であると言える。
ただ、所詮はガス抜き目的なので、なんらかの特赦を持ってあっさり解放されたりもするわけだが。

ただ、いまの韓国は下手に日本を叩くことができないのもまた事実(そもそも日本が叩かれる理由も実はない。反日工作政党とクソマスコミさえなければ)。
なぜなら、かの国の経済状況は、日本なんか比べものにならないほど悪いからだ。

最近、日本が貿易赤字に転落しているという話があった(現状、やや回復中)。
よく、この事象について、世界的な経済危機によって日本の製品が売れないことと、円高による為替損失が原因であるように言われているわけだが、それはある意味正しいし、ある意味で間違っている。
いま、日本の主力製品は、最終製品よりも部品等の中間製品であると言ってかまわないと思う。

なぜなら、日本でしか作れないものが数限りなくあるからだ。
外圧によって抑えられている一部のものを除けば、日本で作れない工業製品はないと言っても過言ではない。
最終製品の話を言えば、もちろん質のことだけ考えれば、世界で日本に比肩する国などない。

ところが、韓国の工業において言えば、これらの基幹部品は日本にほぼ完全依存の状態である。
そればかりか、原油とか鋼板のようなものまで、日本経由で購入しているのが現実だ。
日本は韓国といくらでもケンカできるが、逆は絶対に無理なのだ。
しかも、最近はだいぶマシになったとはいえ、円高ドル安ウォン安という、韓国経済には致命的な状態が続いている。
なぜなら、部品や資材は日本から円建てで輸入し、ドル建てで輸出しているのだから。
もちろん、ウォンは円のようなハードカレンシー(世界中で取引されている主要通貨)ではないのだから、決済通貨として利用するのはよほどのお人よしを相手にしない限り無理だ。

日本が貿易赤字に転落したということは、イコール中国や韓国などの新興工業国の不況が激しいということでもある。
これまでの積み重ねを考えれば、日本はあせる必要はないし、この不況によって淘汰が進んだ次の世界は、実は日本のメーカーにとってはこれほどのチャンスはないと言えるほどのものなのだ。

さて、ものすごく話がそれているようだが、実はそうではない。
政権をとっていた時代、まだ韓国経済がいい状態にあったとはいえ、韓国と日本・アメリカの離反に力を入れていたのが盧武鉉という男であったのだ。
そのへんは説明するよりも検索したほうがいくらでもいい情報があると思うので割愛するが、早い話、反日・反米を国是とした大統領であったということだ。

その結果、どのようなことが進んだかといえば、わかりやすいのが在韓米軍の撤退計画だ。

日本においても独自の防衛を進めるべきとおいらは考えているわけだが、在日米軍と在韓米軍ではあまりに事情が違う。
在韓米軍自体が「休戦中の朝鮮半島における国連軍の扱い」という話を思い浮かべる人もいるかもしれないが、そもそもそういう話でもない。
早い話が、北朝鮮という「極東を混乱させるためだけに存在している国家もどき」がかく乱工作をやりやすくなるという意味で言っているわけだ。

おそらく、盧武鉉という男は、そういう方向に韓国を持っていくための工作員だったのだろうと、おいらは疑っている。
軍事的、経済的、産業的側面、そのどれを見ても、彼はなにひとつ自国のためになることをやっていないのがわかるのだ。

というわけで、単純に自身の逮捕が近いとか、そういう理由で自殺したとは思えない。
むしろ、この経済危機から、北朝鮮の行動の激化など、あらゆるシナリオにいまさらながら気づき、なんらかの行動を伴おうとしていたところを消された、もしくは、そうなる前に始末されたという可能性のほうがなんぼかうなずけるというものだ。

またかよ、と思うかもしれないが、この盧武鉉の逮捕は、案外、北朝鮮のなんらかの動きにつながるかもしれないと思うのだ。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200905231445
<<外国人は外国人でなんの問題がある? | やっぱり、毎日がけっぷち | 仕事しに来るヤツと給料もらいに来るヤツ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。