バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
01/13のツイートまとめ
kagiwo

こう見えても、最近、水面下ではいろいろ忙しいもんで、ブログほったらかし、フェイスブック放置、やってるのはせいぜいツイッターくらいというわけで、いまさっきとある人のブロとも申請に気づいたw ごめんよw
01-13 13:07

というわけで、さっそく読んでいたわけだが、おいらにはカケラも備わっていない「ナイーブ」で「哲学的」な視点が新鮮。こういう記事を読んでいると「個」というものの重要性に改めて気づくんだよな。 http://t.co/3c1QRgXX
01-13 13:09

人間ってヤツも動物のひとつなんで、弱肉強食で強い者だけが生き残っていくって習性は基本同じ。弱者であった一般の民衆が立ち上がり、戦いの末につかんだのが民主主義や人権ってことに一応なってるが、それとてお絵かきしてるヤツらが実はいるのだけどな。フランス革命なんてまさにその典型だしな。
01-13 13:15

まあ、おいらとしてはそんな背景はどうでもよくて、そこに既得権があるなら、いかなるものでも利用して自分の利益になるようにすればいいじゃねえかと、心の底から思っているわけだw そのへんはいまさら説明するまでもないだろうけどw
01-13 13:16

なにが言いたいかといえば、人間社会ってのは、いわゆる弱者だろうと貧乏人だろうと生きていく権利が「自然に与えられている」みたいな話、一方の側面では真実であって我々の既得権だが、また一方の側面ではその「理念らしきなにか」さえも、どっかの誰かさんの支配ツールだってことだ。
01-13 13:21

一般によく言われている「社会に対する義務」みたいな話をこれに当てはめると面白いものが見えてくるんだよね。これ、言い方を変えれば個人が社会に対して服従しろってことだからね。どうしてそんなルールがあるかと言えば、それが公共利益につながるから、って話なわけだ。
01-13 13:28

まあ、そこまでは一応そのとおりだろうと思うわけだが、重要なのは、その公共利益ってのはいったいなんなんだって話なんだよね。一応、建前としては公共利益のためにあるのが政治ってことになってるわけで、ぶっちゃけ、この視点の欠けてる政治議論になんの意味があるのかとおいらは思うわけだ。
01-13 13:31

あたくしとしては「文化的で健康的な最低限度の生活」ってのを、あらゆる「個人」が実現できることこそ、実は公共利益なんじゃねえかと思っていたりする。つまり、公共利益は最終的に個人の利益になるもの=個人のために社会が存在する状況を作り出すのが理想と考えているわけだ。
01-13 13:39

おいらにとっては、社会が個人の最低限度の幸福を実現していない状況であれば、なにゆえ社会に対して義務を負わなければならんのか、なにゆえ服従しなければならんのかって考えになるわけだ。よって、まずは社会というものに、個人が持つ既得権を認識させるようにしようって流れになると。
01-13 13:45

となれば、個人がいろいろとやかましくなるのが一番の近道なんじゃねえのか、って思うわけだ。これがいわゆる国民既得権・国民利権主義であり、究極の私利私欲主義に基づく考え方なのだがね。まあ、この考え方がマジョリティーになるとは思ってないが、そんなことはどうでもいいやw
01-13 13:51

で、その対照にあるのが、いわゆる社会正義がうんたらかんたらってヤツだと思うのだが、実は彼らが理想に掲げている理想も、あたくしの考えとそれほど遠くなかったりする。少なくとも見かけはそうなのだ。だが、実際に同じ方向に進んでるかどうかって冷静に考えてみると、実のところ真逆ではない?
01-13 13:55

だってさ、彼らは社会というものを個人の上に置いて、一般個人の既得権・利権を次々に奪い取り、なにやら義務と権利の不可分のようなことをのたまっては、どっかの誰かさんがお絵かきした正義という幻想の名の下に粛清しているだけではないかw
01-13 13:59

それで誰が喜ぶかって、そりゃいわゆる現代社会の幻想を作り出し、見えない鎖で一般個人という奴隷をこき使っている連中じゃないか。実際、こういう連中が創り出したのが、現代の民主主義やら人権やらの「建前」でもあるんだぜ。
01-13 14:04

こういう連中の腹の内ってのは、要は自分たちが表向きキレイにデコレーションした社会という幻想の力を最大化して、個人をコントロールするというものだ。結局、向かう先は、ファシズムと見かけだけが変えられた全体主義ってことになるわけさ。
01-13 14:06

その社会という幻想をまるごと取っ払い、なんでも自由にやりたい放題にすればいい=新自由主義という考え方も出てきている。これは一見真逆に見える。要するに、社会というものも含めたあらゆるブレーキを取っ払ってしまうということになるんでね。
01-13 14:12

これは前から書いていることなのだが、いわゆるかつてのソ連的な共産主義と現在の新自由主義というのは、どちらも全体主義につながるもので、根っこは同じなのだ。見かけ上、トップがレーニンなのか、ゴールドマン・サックスのCEOなのかって差しかない。 http://t.co/Pnc31cWa
01-13 14:15

よって、おいらは極端な考え方はしない。社会にしろ、民主主義にしろ、人権や生存権のような憲法に書いてある既得権にしろ、誰かさんたちが誰かさんたちの利益のために作文したものであっても、あるものはあるものとして最大限に利用して、自己の利権を確保して守り通せばそれでいいと考えるのだ。
01-13 14:19

公共利益を考えれば考えるほど個人の利益が浮かび上がり、個人の利益をぶつけ合えば公共利益につながる。社会があって個人があるのではなく、個人があって社会があるのだ。このことに大勢の人間が気づけば、社会も国も変わるし、本当の敵とやっとまともに戦えるんじゃないだろうかと、おいらは思うね。
01-13 14:25

そういう話を踏まえた上で、いまよく言われている「努力しないヤツらはダメ」ってアレを考えてみようぜ。おいら、この言葉には「○○のために」って言葉が抜けているんじゃねえのか。
01-13 14:29

「自分のために」努力しない連中はそりゃダメかもしれんが、べつに他人のことなどどうでもいいじゃねえか。問題なのは「社会のために」「企業のために」「国のために」みたいな話だが、まあ、最終的には「どっかの誰かさんのために」って話になるんだよ。ちょっと考えりゃわかることだがね。
01-13 14:33

そのどっかの誰かさんが、あいつは努力してるしてないと上から目線で判断し、その生殺与奪を丸ごと握ってる状態なのさ。で、社会を構成する一般個人が、刷り込まれた考えで、それがさも当たり前であるかのように黙認し、生存権のような既得権を自ら無意識のうちに放棄してるわけさ。
01-13 14:38

どっかの誰かさんの作文でしかない「倫理観」「正義感」という名の作り物を持ち出し、奴隷どうしで鎖のつなぎ合いをしているこの状況に、いわゆる支配層は笑いが止まらないだろうねw なにが問題なのかって、連中自身よりも、我々奴隷グループの意識のほうにあるんじゃねえかと、おいらは思うね。
01-13 14:45

このツイート、最後に「と、思うのだが」が抜けとったw まあ、わかるかw https://t.co/7G1zf22t
01-13 14:48

別窓 | twitter | コメント:0 | トラックバック:0
201301140333
<<01/23のツイートまとめ | やっぱり、毎日がけっぷち | 01/08のツイートまとめ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。