バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
11/09のツイートまとめ
kagiwo

いま荒れ始めてる国際情勢、もちろん、日本で起こってることもその一部。繰り返しになるけど、どれもみんなつながってるのだ。世界中で起こってるデモ、日中韓の軋轢、権力闘争、世界のインフレと経済停滞、日本のデフレ、消費増税、TPP、原発、食料問題、水道利権化、エネルギー高騰、金融危機…。
11-09 00:56

野田ってクソ野郎がいまだに居座ってるのも、自民がグタグタやってるのも、人権擁護法案のような危険なものが問題になってるのも、もちろんみんなつながってる。「その責任は誰にある?」って考え方したらやや危険。ぶっちゃけ世界中の一般人が詰め腹取らされる仕組みになってるからな。
11-09 00:59

ひと言で説明すれば、どっかの誰かさんたちがそいつらの都合に合わせて作った人間社会って幻想にいまだに多くの人間がとりつかれているということ。概念的に言えばマトリックスの世界と変わらない。絶対出てこないとは言わないが、もちろん救世主なんぞを求めてもなんの解決にもならんけどな。
11-09 01:08

正直、このへんの話、どうやってプロパガンダしたらいいのか、さっぱりわからなくなってるw たまにはそのへんについても書くけど、ぶっちゃけ、政治や経済の動きについて、おいらなんぞが口を挟んだってたいした効果ないしw かといって、概念的な話書いても拒否反応のがデカイしw さてさてw
11-09 01:18

「ゼニは本当の価値を奪うためのツール」「財政再建・危機論はデフレ人間奴隷化利権」「税金は基本的にいらない」「食料も水もエネルギーも、政治も戦争もみんなゼニの問題」などなど極論なのか暴言なのかよくわからんことばっかり書いてきたが、やっぱりこれではプロパガンダにならんのよなあw
11-09 01:24

ところで、誠天調書さん( http://t.co/gd6Z81LC )に書いてあったんだけどさ…。一神教「サルを完全に見下す」蛮族野蛮人「サルが人より上になるは許さない」多神教「まぁ サルが人より上になる事も有るかな」文明人「だったら うまくサルと付き合っていこうぜ」
11-09 01:34

(バカにする対象としての)サルと上下を競うって時点で、結局は同じ土俵に立ってるんだろうなあ…とおいらは思ってしまうw 誠天調書さん言うところの上ふたつに該当する連中は完全にそれでしょw 最近は「別次元」と捉えつつあるあたくしがいるw
11-09 01:40

まあ、それはそれとして、実際には「一神教」ってのも、どっかの誰かがそいつらの都合で作った統治システムで、過去も現在も、牛耳ってる連中はそんなもん信じてもいないだろうね。ただ、一般人にそれを強制してるだけで。
11-09 01:46

ある意味、ゼニってのも一神教的なところがあって、ほかのあらゆる価値をゼニという「唯一神」に変えてしまう。でも、やはりゼニを握ってる連中はそんなもんまったく信じちゃいない。結局、一般人にゼニという経典を押しつけてるって意味ではそっくり。でもって、宗教同様に「アンチ」も出てくるとw
11-09 01:52

まあ、そういう意味で、聖書と輪転機は同じ根っこでつながってるんじゃないかと思うわけ。だからこそ、そのどちらにも聖域・タブーとされる部分があり、それを多くの人が知ることで、社会のなにもかもが変わるんだろうと思うんだよね。まあ、どちらも「真実」の破壊力がデカすぎるとは思うけどw
11-09 02:03

念のため、おいらは、いわゆる宗教というものとは、風習としてのもの以外は縁がない。ただし、無神論者ではなく、神様みたいなのはおそらくいるだろうと思っている。人間は不完全なんで、見え方も捉え方もそれぞれ違うだろうさ。べつに宗教ってだけで否定もしない。その逆に支持もしないけどw
11-09 02:07

別窓 | twitter | コメント:0 | トラックバック:0
201211100334
<<11/11のツイートまとめ | やっぱり、毎日がけっぷち | 11/08のツイートまとめ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。