バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
どうしても連中が郵政の金が欲しいわけ

とりあえず、この映像を見ればわかると思う。
全部、英語だけど、なにが語られているかはすぐにわかるはずだ。
「黄金の金玉を知らないか?」( http://goldentamatama.blog84.fc2.com/ )に載せられていたある映像である。

http://www.youtube.com/watch?v=aeb247Vc1eY

この数年で突如増えたドルの発行量は、昨年11月時点で約7000億という天文学的な数字に達している。
健全だったときの100倍に迫る数字だ。
しかも、よく調べている人は知っているように、この後も順調すぎるくらい順調に増えているのだ。
数字だけで言えば、1ドル=1円…いや、1円=10ドルでもおかしくはない。

ちなみに、海外にいくばくかの資金を預けているおいらだが、現在、米ドルでの保有額はわずかに500ドルだ。

さらに恐ろしい話をするならば、今日の動きを見ていると、本来ドルペッグである香港ドルなどが、米ドルと乖離した動きを始めているように見える(その後、すぐに戻ったが非常に怪しい)。
各所でいろいろ言われているように、そろそろなにが起こってもおかしくない状態だ。

もはや多くを語る気はないが、連中が金融危機を狙ってやってるにしても、しくじって追い込まれているにしても、どっちにしても郵政の350兆円(約3兆5000億ドル)という金が必要なことがわかる。
なにがなんでも西川を降ろすわけにいかない理由もまさにこれ。

まともな日本人なら、絶対にこれを守り通さなくてはならないってこともわかるだろう。
郵政の金は、我々日本国民の最後の資産なのだ。

そりゃ、死人も逮捕者も出るし、政争にも発展するというものである。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200906150950
<<新人第一弾と昼間のビール | やっぱり、毎日がけっぷち | なにかが始まっているってことだろうな>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。