バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
政治も経済もなんにもわかってない似非黄門



飯山先生が絶賛していた副島隆彦のこの演説(21分30秒あたりから)、確かにおいらもまったく同感。
これについては、とりあえず見ろと言うしかないね。

殺されても構わん、戦うしかないってまさにそう。
屍が大量に積まれるのもしょうがない、見えない戦争なんだからな。
おいらもそりゃ死にたいとは思わないが、奴隷にされるくらいなら、戦って散ったほうがナンボかマシだと思うもんな。

だが、本題はこれじゃない。
この映像、宮台真司、副島隆彦の後に、自らを「平成の水戸黄門」と称する渡部恒三の演説が出ている(その後にも何人かいるか、こいつらはどうでもいいや…もちろん、宮台真司もどうでもいい…)。
前半はどうでもいいが、後半の政治に関する話に入ったあたり、必見というか、目玉をひん剥いて、耳の穴をほじくって、一言一句漏らさずに聞いてやるというくらいのつもりで、どんなにいやでも一度見たほうがいい!

続きはとりあえず見てから読んでくれ!




見終わった?

もし、それで「意外にもまともなことを言っている」と思ったなら(ていうか、たぶんそういう人のほうが多いんじゃないかと思うが)ハッキリ言って、あなたに一番向いている仕事は奴隷死体だ。

どうも日本人は、ガマンとか勤勉とか、そういうことを美徳に思っている人間が多すぎる。
よく考えろ、たった数十年、長くても百年ちょいの人生で、なにゆえガマンなんぞ強いられにゃならんのだ。
ガマンってのは、自分のため、自分の将来のためにするものであり、他人にとやかく言われてするもんではまったくないのだ。

この似非黄門、政治の話に入った途端に「いまはそんな時代じゃない」などということを繰り返している。
かつては、高度経済成長の時代で、ほっといても税収が増えてきたが、低成長のいまはそうはいかない、だからこそ、政治もやることが変わったみたいな話なわけだ。

こういう話に乗せられやすいヤツが大半だってことに、おいらは日本人の劣化をいやというほど感じるのだ。

そもそも、経済成長ってなんだって話だ。
それは、経済の規模が増えていくとか、GDPが増えていくとか、難しい話のように思えるわけだが、難しく考えるからこそダマされる。

超カンタンに言えば、市中で取引されるカネやモノやサービスが増えるってことだ。
この貨幣経済においては、カネの量が増えるってこととほとんどイコールなのだ。

消費税はバンバン取られる、企業が交際費使っても経費にあてられない、こんなどうしようもない税制が行われてるから、ゼニはまわらんし、経済成長につながらんのだ。
時代なんぞの流れではなく、政治がアホをやってきたツケがこのゼロ成長・マイナス成長時代の根本原因なのだ。

こういうことを書くと、必ずつっかかってくるヤツらがいるから先に書いておく。
日本はすでにインフラも整ってるし、発展途上国のような経済成長は望めない、なんて考えにとらわれている連中がいる。
それは半分は事実だが半分は違う。

森林問題にしろ、食糧問題にしろ、日本がやらなければならないようなことはいくらでもある。
むしろ、いままでの公共事業の流れを、日本の富と資源を維持し、拡大させる方向に使わなければならない。

で、それ以上に重要なのは、ゼロ成長やマイナス成長じゃダメだということだ。
資本主義経済というのは、常に成長を続けなければならない宿命にある。
理由は単純で、そこに金利というものがあるからだ。

世の中に出まわっているカネというもの、これはすべて借金であると考えなければならない。
ここがわかれば、カネというものの正体、経済というものの茶番が全部理解できるのだ。

カネはいったい誰が作ってるのか?
これは、政府でもなければ日銀でもない。
カネは銀行のなかで作られ、生み出されるものなのだ。
これを「信用創造」という。

そのプロセスをごく基本的な形で説明すると次のようになる。

X氏が銀行Aに1億円預金
 ↓
Y氏に銀行Aが9000万円融資
 ↓
Y氏はZ氏への支払いとして銀行Bに5000万円振り込む

日銀の預金準備率というものも絡んでくるが、ここまで含めて解説すると長くなりすぎるので割愛する。

この時点で、どうなったかといえば、

X氏 銀行Aに1億円の預金
Y氏 銀行Aに4000万円の預金と9000万円の借入
Z氏 銀行Bに5000万円の預金

ということになる。
元手はX氏の1億円しかなかったはずなのに、気づけば銀行AとBに合計1億9000万円のカネがあるのだ。

どうしてこんなことが起こるかと言えば、Y氏が銀行から融資を受けたからである。
誰かが銀行から借金をすることによって、カネの量が増えていくのだ。

よって、世の中に溢れているカネの一部は、金利によって吸い上げられていくことになる。
ゼロ成長というのは、この金利分が市中から失われるというのと同じ意味であり、その分、誰かにしわ寄せがいくことになる。

だから、政治は、どんな手段を取ってでも、経済成長させなければならない。
時代が低成長だから、みんなでガマンしようなんてのは、詭弁どころか売国的な発言でしかないのだ。

そして、この似非黄門とその一派だが、さっきも書いたように、経済成長の阻害になる消費税の増税なんて逆効果なことばかりを目指しているわけだ。
な、こういうことをちゃんと考えれば、どれだけあいつらが壊国政策ばかりやってるかわかるだろ?

このブログ、書いてる人間がこのとおりのろくでなしだもんで、罵詈雑言だらけになってるんだが、一応、ない脳みそかきまわして、なるたけ筋道立てて考えて書いてんだ(笑)。
感情的に叩いてるふうに書いていることもあるが、それなりに意味があってやってるわけ。
プロパガンダだからね。

さて、その似非黄門だが、みんなの大好きな財源がどうこうって問題でもグチャグチャ老害電波をまき散らしてやがった。
40兆円の収入で90兆円の支出がどうたらこうたらって話な。

あんまり言いたくなかったんだけどね、ハッキリ書いちゃおうか。
日本は無税でもやっていけるんだよ。
景気調整や所得再分配のための税はあったほうがいいと思うが、所詮、その程度の話で、税金なんて基本的にいらんのだ。

さっきの信用創造の話でわかったように、カネなんてのは幻でしかない。
あんなヒョイヒョイ量が増減するブレブレのモノサシで世の中の富を測ろうとするからおかしなことになるのだ。
つまり、借金なんてのは、所詮その程度の紙くずだってことだ。

これがもし、国債を海外に握られていて、しかも外貨建てであったなら、目も当てられないわけだが、そんな事実もないわけだ。
むしろ、国家と民間で山のような海外資産持ってるくらいだし、先日の話でもわかったように、特別会計に700兆円もの資産があることもハッキリしているのだからな。

それを踏まえた上で、信用創造の話に戻る。
銀行ってヤツも儲けなくちゃならない。
冷静に考えればわかるように、預金というのは金利つきの借金なんだからな。
それを上まわる利益をどこからか出さなきゃならない。

で、それを海外に引っ張ろうと必死だった竹中平蔵さんのようなクズがいるわけだが、そもそも彼の言うとおりにやっていたら、日本の銀行という銀行はとんでもない状況に追い込まれていたのは言うまでもないよね(笑)。

じゃあ、なにが安心って、そりゃ日本の国債以外になにがあるの、って話だよね。

日本の国債が大変で、そのうち買い手がなくなるとか抜かしてるアホ工作員が山ほどいるんだけどさ、国債はむしろ金融機関の都合で買ってるんだよ。
むしろ、国債を出さないなんて話になったら、彼らはどうやって利益をつくり出したらいいかって話になるわけ。

で、さっきの信用創造プロセスでわかるように、銀行が国債を買うということは、国の口座にカネが入り、またもやカネの量が増えているということなのだ。
つまり、その分のカネを使って、いくらでも国債は買えるというわけ。

つまりね、国債の発行総額が1000兆だろうが1京だろうが、なんの関係もねえんだよ。
ただずっとまわってりゃいいわけ。

じゃあ、せっかくだから、景気対策にって話で、中心的な税である所得税、法人税、消費税をなくしてみたとする。
現在、この3つで30兆円くらいかな。

あと、相続税もやめたほうがいいね…なんていうと、みんなアレって思うんだが、考えてみりゃすぐわかるよ。
こんなもんがあるから、金持ちはますます蓄財するし、カネを隠すのだ。
普通に資産が次世代に伝えられるなら、もっと豪快にカネ使うんでね。

すごい乱暴な言い方をすればだな、利払いや償還分も含めて100兆円の予算組んで、同額の国債を新規発行したとしても、日本だけはそれで問題なくまわってしまうわけよ。
ものすごい経済効果とともにね。
ただ、この数字がどんどん増えていくだけでね。

で、景気の加熱にあわせて、所得税や法人税を毎年改定する、と。
ほんとこれだけで日本の財政問題とやらは全部片づいてしまうのだ。

財政問題と経済成長の問題は非常にカンタン、税制と考え方の問題なのだ。
税金を取るというスタイルを、国債で運用するという形に変えれば済む話。
カネの仕組みを知ってしまえば、いままでのジョーシキを笑い飛ばせるわけだが、ほんと、バカ工作員しかおらんのか、という感じなわけだ。

さて、まあ、こんな方法だと乱暴すぎると言われて無視されて終わりだと思うんでね、念のために、ソフトランディング型のナイスな方法でも書いておこうか。

まず、税制。
消費税は即刻廃止、法人税はとりあえず現状でもいいが、経費ルールのみ改訂、所得税は景気連動型にする。

その上で、毎年、景気について検討。
予算は、「基本予算」「景気対策予算」「国債償還・利払い予算」の3つで作る。
いまの状態で考えるとだいたいこんな感じかな?

基本予算 70兆円
景気対策予算 30兆円
国債償還・利払い予算 20兆円

合計 120兆円

ちなみに、景気対策予算というのは、現在の日本のデフレギャップ(約40兆円)を元にして、消費税廃止分をカットした数字で算出な。

で、その上で税収は、消費税をなくしたことでだいたい25兆円くらいかな。
つまり、赤字額はおおよそ95兆円だね。

ここで、政府は「95兆円玉」を1枚新規に発行。
さっき、カネを増やすのは銀行だと書いたが、発行の権利は唯一政府が持っているので、もちろんこれは可能なわけ。

そして、その95兆円玉で、日銀券(といっても数字だけど)95兆円を獲得。
これで全予算の財源ができた、というわけだ。
その上、国債の新規発行はゼロでね。

20年か30年、これをやってみ?
我が国の借金とやらはゼロになってるから。
その上、景気対策にもなってるわけだから、銀行も国以外の融資先ができて万々歳だ。
日銀前に、95兆円玉とか115兆円玉とかいっぱい並んで、新しい観光名所にもなるだろうね(笑)。

こんなことしなくても、一気にやればという話もあるんだけど、それやると一気に銀行がエライことになるからね。
ゆっくりやったほうがいいというわけ。

また、いっそ日銀をなくして全部政府紙幣にって話もあるんだけどね、まあ、その理由は書かないけど、日銀のマイナス点だけじゃなくて、どういう仕事をしているかって話にも一応注目したほうがいいと思うよ。

わかった?
財政問題なんてのは、所詮、この程度の話なのだ!
こんな話をもっともらしくしている連中は、ガマンとやらを押しつけて搾取しようとしているか、そういうヤツらにダマされてるアホのどっちかってことなんだぜ!


似非黄門の言ってるような、古いも新しいもねえんだよ。
古かろうが新しかろうが、売国奴は売国奴、ウソつきはウソつきなのだ。

ムダを削れだの、あいつが蓄財してるだの、そういう妬みとカネに縛られたカネカネ社会からそろそろ脱しようぜ!
政府はムダだろうがなんだろうが、カネをバラマケ!
金持ちはどんどんカネを使え!
そういう、当たり前のことを言える社会に変えようじゃねえか!



別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:4 | トラックバック:0
201103101753
<<すばらしくわかりやすい工作ありがとう(呆) | やっぱり、毎日がけっぷち | 03/09のツイートまとめ>>
この記事のコメント
 
歯がゆいです
201103102155
 まったくおっしゃるとおりですね。
 よく考えれば、国家財政と世帯の家計はまったく異なるものなのに、気づかずこれらを同一視している人たちにとっては、ここに書いてあるようなことは一見倫理に反するように見えるので、なかなか納得できないのは無理もないのかもしれません。
 我々の「敵」は、むしろこのように、思考が中途半端なのに、なまじ倫理観は強い「善良な庶民たち」なのかもしれませんね。
2011-03-10 Thu | URL | HeavyMoon #HVLjdtec[ 内容変更]

 
201103102254
肛門にしろ工作員にしろ信用創造というものが何かわかっていないんでしょうね。
お金なんてものは、通帳に印字するだけできてまい、通貨は必ずしも発行する必要すらない。いわば錬金術ですからね。世界最大の債権国である日本はどこの国からも借金しておらず、世界最高レベルの生産施設と勤勉なる労働者がいます。貿易の依存度も意外に低く、国内だけで経済が完結できる国なのにね。
あほ経団連の傘下企業のアメリカ依存体質と輸出戻し金のために我々国民がなぜあほくさい消費税
の負担をしなければならないんでしょう。
2011-03-10 Thu | URL | トッペイ #-[ 内容変更]

 
201103110043
今日のブログの金融の話は、まさにそのままです
おっしゃる通り、金融はインチキです
銀行=決済機関としては、必要です、これが本業です、ただ、思いついちゃたんですよね、もっと儲かる方法、法律作ってね、融資って仕組み
証券=ばくちの一つの手段
保険=これはまんまねずみ講だけど、もしものときに、しょうがないかって感じ
極論言い出すと、きりがないのですが、まあ親玉は銀行ですね
誰かさんの言うとおり、通貨を発行して、国家を操って、戦争すればやりたい放題
税金取り放題

逆言えば、全部なくなっても、普通に生きるのは、別にどうでもいいのです
洗脳ですね
不思議ですがね

極論言えば、みんなが持ってるもの、何だろう、
まあいいや、
1.物をもってる人が、物をあげるから、ちょっと手伝って
2.ちょっと手伝える人が、物持ってないから、手伝うからちょうだいよ
3.じゃあ交換手段どうするの、円にしよう、金にしよう、あああ、面倒くさいから信じてよ、ちゃんとやるから!!
4.どっちが、先やンの!!

この話面白かったから、のせときます
みんな知ってたら、すみません

http://indian.blog11.fc2.com/blog-date-201103.html
より

「ある日、中国人の旅行者がNYにあるDebt(借金)という名のホテルにやってきた。手の切れるようなピン札100ドルをカウンターに置いてオーナー・マネージャーに、今夜100ドルで泊まりたいので階上の部屋を見せてくれと言った。そこでマネージャーは係に最上階5階の部屋5室を時間を掛けて丁寧に見せるように言いつけ、自分は裏口から向かい通りの肉屋に飛び込み3カ月も滞納していた肉代金100ドルを払った。肉屋は即座に自転車に乗って数ブロック先の精肉会社に長い間借りていた100ドルを返しに行った。精肉会社の社長は広告会社に電話して滞納している100ドルの広告代を取りに来させた。広告会社の社長は自家用車でDebtホテルに駆けつけ催促されていたアーケードのディスプレー広告スペース代100ドルを払った。
そこへ中国人の客が5階から下りてきて、どの部屋も気に入らないと言ってマネージャーに預けていた100ドルを受け取りグッド・バイと言って帰って行った。泊まらず仕舞いの中国人客がホテルの受付カウンターに100ドルを置いてから同じ100ドルを持って帰る間にホテルと肉屋と精肉会社と広告会社に何が起きたのだろうか。その通り!全員借金が無くなったのである。」

これが「オバマ・マジック」(経済刺激策)の「種明かし」である。

2011-03-11 Fri | URL | あきお #-[ 内容変更]

 
追伸
201103110052
金利がないとこの通りです
2011-03-11 Fri | URL | あきお #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。