バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
財源がないよ~(笑)
米国債

米国債保有額上位10傑(クリックで拡大)。
より詳しいリストはこちらから。

http://www.treasury.gov/resource-center/
data-chart-center/tic/Documents/mfh.txt





去年まで、7650億USドル(いまのレートで63兆円くらい)で変わらず推移してたというか、むしろ減っていたのだけど、なにやら3月あたりからどんどん増えて、去年の年末で8836億USドル(74兆円くらい)になってんだよね。
日本円で考えりゃ、10兆円以上増えてるってことだわな。
しかも、その間、ドルレート下がりっぱなしだしよ(苦笑)。

ちなみに、去年の3月ごろって、なんか大きな事件あったよね。
そう、言うまでもないんだけどさ、総理の交代だよね!

つまり、菅直人が総理になってから、10兆ものカネがアメリカに横流しされてるってことでしょ。
ほかに説明のしようがあるかい?

もうわかってんだから、ドルのレート調整とか、為替介入とか、そういうウソもやめろよな(笑)。
なんせ、介入レートと資金規模を公開して、金融マフィアにゼニをくれてやるようなことしてた連中だからな。

http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-322.html

「財源ないない」「マニフェストはムリ」「増税しかないんだコンチクショウ」と、脱税朝日さんほか、偏向ねつ造脱税情報隠し記者クラブマスコミさんたちがギャーギャー喚いてるけどさ、これってどういうことなんだろうね?

まあ、何度も何度も書いてきていいかげん飽きてるわけだけどね、緊縮財政も財政再建もそんなものはどこにも存在しないのだ。
前者は、一部の人間や組織にだけカネをまわしてやる「偏向財政」、後者は、庶民のカネを奪い取るための「泥棒行為」でしかない。

このブログに限った話でなく、せっかく罪が軽くなるよう、未遂で終わらせてやろう(笑)としてんのに、ほんと懲りねえなこいつら(笑)。

日本人はふたつの事実を知るべきだね。
まずひとつは、円高対策をするなら、日本国内をインフレに持っていけばいいことで、アメリカにゼニをくれるよりも、10兆円くらい国内にバラまいたほうがよほどマシだってことだ。
しつこいようだが、子ども手当2兆2000億円なんてのは、少子化うんぬんよりも経済対策としての効果のほうがはるかに大きい。

だいたい、国内にカネをバラまく話は財源問題ぶちあげて、海外にくれてやる話の場合はスルーってそりゃねえだろって話だ。
法人税減税も外資がらみ、消費税増税も輸出企業の関係…で、国内については全部締め上げって、メチャクチャわかりやすい構図だろ?

で、もうひとつは、こんなことを言ったら怒られそうだが、事実だから書くけどな、日本にとって10兆20兆…もとい100兆や200兆なんてカネ、ハッキリ言ってはした金だ(笑)。
なにやらこれがとんでもないカネのように思わされてるだけでね。

国民もあんまりケチケチすんなって話だ。
ていうか、ケチなことばかり考えるからダマされるんだけどね。

おいらの基本的な考えは、公務員だろうと政治家だろうと、利権作って儲けててもまるで構わんから、とっとと国民にゼニをまわせってものだ。
裏金何百億作ってもいいし、家建てようと、銀座で遊ぼうとべつにいいから、とにかく国民を幸福にしてもらいたいね。

倫理的にどうこうではなく、現実の話を言えば、マスコミが煽りに煽って、国民が突っつけば突っつくほど、あっちの連中は一緒にカネを儲けられそうなヤバい連中と組んでしまうわけだ。
で、国民からはどんどん富も権利もひっペがされていくってことな。

ちょっと考えてみりゃわかることだろうに。
増税は財務省の祈願みたいな話が言われてるが、財務省が本当に自分の力を高めたいなら、増税じゃなくて増収こそが目的のはずだ。
減収を招くことがわかりきってる消費税等の増税が、いわゆる省益ってものと一致してないわけよ。

じゃあ、誰がそれを望んでるのかって、マスコミの動きを見りゃわかるように、国民から官僚機構をひっぺがして、そのおいしいところを全部持って行こうと考えてるクソ連中なのは言うまでもないだろ。

こういう話を書くと、いろいろゴチャゴチャ言われるのはわかってんだけどね、べつに好きなように非難してくれていいよ。
このブログの方針は上にも書いてあるように「よい子ちゃん愚民は、発酵しろ! 土になっちまえ!」だからな。

そんなことはどうでもいいのだけど、要するに、我々が戦わなきゃならん相手は、決して菅政権なんて使いっ走りではなく、その裏にある、日本国民からみて敵対する利権組織ってことだ。
で、その連中のなかでもっとも狙いをつけてぶち壊すべきと思っている相手こそ、偏向ねつ造脱税情報隠し記者クラブマスコミの連中なのだ!

という前提で、ちょっと思いついたことがあるので、また実行するかもしれない。
明日は仕事の上にデモもあるので、まあ、来週の半ばくらいかな、なにか起こるのは。
意味不明だと思うけど、乞うご期待!(?)


別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:2 | トラックバック:1
201102191952
<<明日(今日)は東京デモ! | やっぱり、毎日がけっぷち | 「脱税朝日」社説は1日遅れて発狂(笑)>>
この記事のコメント
 
201102192025
がけっぷちさんの意見は数年前から読ませていただきましたが、完全に賛成です。
(滅多にそんなことはないので)
アメリカへの直接贈与(間接贈与はまた別としても)。先生の推理は、たぶん正解です。
私も実は気になっていました。
適当な名目で、政府は、始終、ドル買いするのですが、
買った後、即座に米国債に転換しています。
要するには、介入額は、イコールみつぎなのです。
トリックと思います。
米国への資本供給のように、
私は思えるんですがね。
間違いですかね
2011-02-19 Sat | URL | もうすぐ北風 #-[ 内容変更]

 
>もうすぐ北風さん
201102200058
たぶん、おっしゃってることそのまんまだと思いますよ。
僕も同意見。

ただ、アメリカというよりは、アメリカの裏にいるヤツら(日本の裏にいるのも同じ)だとは思いますけどね。
2011-02-20 Sun | URL | がけっぷち社長 #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
201102200744
売国経済団体が手前らの利益の為に国民を更に苦しめようとしている。 “税と社会保障の一体改革”を議論する政府・与党の集中検討会議において、日本経団連、経済同友会、日本商工会議所、連合の労使4団体が“基礎的年金の財源不足には消費税増税で対応すべきだ”と主張し… …
2011-02-20 Sun 07:44 スロウ忍ブログ

TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。