バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
5大偏向ねつ造脱税情報隠し記者クラブメディアの社説が(笑)
おもしろすぎてしょうがないので、ぜひとも読んでみることをおすすめする。
ただし、腹筋を鍛えておかないとツラいことになるかもね。
おいらはすでにそうなった。




まず、読売。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/
20110218-OYT1T00093.htm?from=any


------

小沢系「離脱願」 問われる菅首相の統治能力(2月18日付・読売社説)

 小沢一郎元代表の処分問題を機に、民主党の内紛が顕在化してきた。

 小沢氏に近い衆院議員16人が、民主党の衆院会派からの離脱願を岡田幹事長に提出した。

 いずれも比例選出の当選1、2回議員で、「民主党政権交代に責任を持つ会」という新会派を結成する、としている。

 小沢氏の党員資格停止処分をめざす岡田氏ら執行部を牽制(けんせい)しようとしているのだろう。

 だが、執行部が受理しない限り実現不可能な会派離脱を一方的に表明するのは、姑息(こそく)な印象がぬぐえない。いっそ集団離党する方がすっきりするのではないか。

 記者会見した渡辺浩一郎衆院議員らは、「無原則に政策の修正を繰り返す菅政権に正当性はない」などと、事実上の倒閣運動とも言えるような激しい政権批判を繰り返した。

 来年度予算関連法案の採決での造反の可能性にも言及した。16人が造反すれば、関連法案が参院で否決された際、衆院で再可決するのに必要な3分の2の議席確保が絶望的になる。

 渡辺氏らは、小沢氏の処分問題は無関係と言うが、この時期に造反を示唆したことを見ても、関連なしとは言えまい。

 岡田氏ら執行部が、ここで小沢系議員の揺さぶりに屈するようでは、民主党の統治能力のなさを露呈させるだけだろう。

 渡辺氏らは、菅政権が前向きな姿勢を示している衆院選政権公約(マニフェスト)の見直しや消費税率引き上げについて、「国民との約束を捨てた」などと強く非難している。

 民主党の内紛は今後、政権公約をめぐる路線対立の様相を深めることが予想される。

 しかし、予算の無駄を洗い出せば、子ども手当などに必要な財源を簡単に捻出できるとした政権公約が破綻しているのは、誰の目にも明らかだ。

 毎年1兆円ずつ増える社会保障費を賄いつつ、危機的な財政を立て直すには、消費税率の引き上げしかないことも明白である。

 にもかかわらず、小沢系議員が「マニフェストを守れ」などと教条的に振りかざすのは、与党議員として無責任過ぎよう。

 菅政権は、政権公約を大胆に修正すべきだ。財源を含む社会保障と税の一体改革の具体案作りも急ぐ必要がある。

 それこそ、小沢系議員が掲げる「国民の生活が第一」にふさわしい姿勢である。


(2011年2月18日01時20分 読売新聞)

------

素晴らしくわかりやすい工作お疲れさん!(笑)

さすがはガンのなかのガンである読売さんだね。
16人は姑息、消費税増税しかない、おまけに公約を大幅見直しせえときたもんだ。

そもそも、消費税がまったく財政と関係ない話は、おいらに限らず、多くの人間が当たり前のように知っている事実だ。
クソ野郎どもが(笑)。

http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-454.html


次に、毎日行こうか!

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/
20110218k0000m070130000c.html


------

社説:民主党内紛 会派離脱は筋が通らぬ

 普天間問題に関する鳩山由紀夫前首相の「抑止力は方便」発言に続いて、またもや民主党内であぜんとさせられる騒ぎが起きた。同党の小沢一郎元代表に近い比例代表選出衆院議員16人が、衆院会派の離脱届を提出した内紛である。

 確かに今回の分派行動は菅直人首相にとって大きな打撃となり、政権の行き詰まり状況を表すものだろう。しかし、こうした内部抗争が続けば続くほど、民主党そのものへの国民の不信は増幅していくだけだ。まず、それを指摘しておく。

 そもそも、「院内会派は離脱して新会派を作るが、離党しない」という今回の16人の行動は奇策どころか禁じ手といっていい。

 会派は委員会の議席数や質問時間配分などを決める国会内の構成単位であり、ある党が無所属議員とともに会派を作ったり、複数の党が統一会派を作るのは通常あることだ。だが、基となるのは、あくまで政党である。同じ政党が複数の会派に分かれ、首相指名や重要法案の賛否で判断が分かれるというのでは、政党政治、あるいは議院内閣制の根幹を揺るがす事態にさえなる。

 会派を離脱するためには、会派の代表者が議長に離脱届を出す、つまり党側が判断する手続きが必要となっているのはそのためだ。岡田克也幹事長が今回、離脱を認めない考えを表明したのは当然である。

 16人は発表した「宣言」で、「菅政権は国民との約束、マニフェストを捨てた」などと激しく批判する一方、記者会見では「離党したら何の意味もない」とも語った。民主党はマニフェストの原点に返るべきだというのだろう。

 ならば、その実現に努力すればいいのであって、自分たちの主張が通らないから会派を離脱し、国会で別行動を取って揺さぶるというのでは国民の理解は得られまい。
離党した方がよほど筋が通るというものだ。

 もちろん、新年度予算案や予算関連法案の早期成立を図るための行動でもないのだろう。自民党など野党はマニフェストの大幅修正や撤回を求めており、マニフェスト回帰路線は国会運営をスムーズに進めることにつながらないのは明らかだからだ。

 結局、小沢元代表に対し党員資格停止処分の手続きを執行部が進めている点が大きな不満であり、処分の見直しをはじめ、党の主導権を確保するため、菅首相の退陣を狙っていると見られても仕方がない。

 首相や岡田氏も放置しているだけでは済まない。分派行動には厳しい処分で臨まざるを得ないだろう。党内をまとめられない首相に野党との協議など夢のまた夢だ。もはや党分裂も覚悟して臨むほかあるまい。

------

その実現に努力するために、行動に出たんだろ。
そんなこともわからんようなヤツが、よく新聞記事なんて書いてるな(笑)。

そもそも、国民との約束を果たさずに逆ばっかりやってるヤツのほうがよほど筋が通らん。
国民はちゃんと理解してるよ、余計なお世話だ。
まあ、おまえらが理解したくないのはよくわかってるけどな(笑)。


では、産経に行こうか。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/
110218/stt11021803150004-n1.htm


------

16人会派離脱届 呆れる「権力闘争ごっこ」

 極めてわかりにくい行動と言わざるを得ない。民主党の小沢一郎元代表に近い衆院議員16人が会派離脱届を出し、新会派を結成すると表明したことだ。

 岡田克也幹事長は会派離脱は無効だとしており、離脱届は宙に浮いている。

 参加メンバーの代表格である渡辺浩一郎氏は、予算関連法案の採決時に反対する可能性について「あり得る」と認めた。あらかじめ明白な造反行為を想定しているなら、会派離脱ではなく離党すべきだろう。

 会派離脱の理由については、菅直人政権が「国民の生活が第一」の政治理念を守らず「国民への約束を捨て去った」などと説明した。「予算の総組み替えなどはほぼ手付かず」といった政権に対する批判は、これまでの小沢元代表の主張と重なっている。「菅政権は本来の民主党政権ではない」と言い切るなど、政権打倒の姿勢も鮮明にした。

 だが、ムダの排除でマニフェスト(政権公約)の財源を生み出すとのシナリオが破綻したからこそ、マニフェストの見直しなど今後の対応が厳しく問われている。その答えを示さないままマニフェストを守れと政権を批判しても説得力を持つだろうか。消費税増税を批判もしている。政権与党として財政運営への責任意識と自覚を欠いているといえよう。

 小沢元代表への処分に対する反発が行動の背景にあり、政権を揺さぶるのが狙いだろう。これでは党内の足の引っ張り合いにしか映らない。

 そもそも、16人はいずれも当選1~2回で、衆院比例代表選出の議員だ。民主党の看板で当選しながら、このような行動に出ることに正当性はあるのか。


 一方で、予算関連法案成立にメドが立たない中で集団による造反行為が表面化したことで、菅首相の政権運営の行き詰まりは明白だ。首相はこれまで政治とカネの問題にけじめをつけようとしなかったことに加え、マニフェスト見直しと国民への謝罪をいまだに行っていないことを反省すべきである。政権の立て直しはその一点にかかっている。

 いずれにしても、内政外交面で国難ともいうべき課題が山積している。「権力闘争ごっこ」をしている状況でないことだけは明白で、呆(あき)れ果てる。

------

個人的にはどうでもいいと思ってるけど、ムダの排除やろうとしてるのを、これ以上削ることができないって虚構を作り出して、増税路線に行かせようってのが、いまの政権とマスコミがやってることだよな。
国民が気づいてないとでも思った?(笑)

で、例によって小沢小沢で、あくまでも内紛、権力闘争ごっこってわけだ。
おまえらが政権やら検察やらと一緒になって、権力闘争ごっこやってるのなら知ってるけどな、こっちはリアルな戦いだからな。
だいたい、民主党の看板で当選した比例代表の議員だからこそ、民主党マニフェストという公約が絶対に決まってんだろ。


次、日経新聞。

http://www.nikkei.com/news/editorial/article/
g=96958A96889DE0E1E4E2E4EAE1E2E3E
AE2E0E0E2E3E38297EAE2E2E3?n_cid=DSANY001


------

国民の生活より内紛が第一の民主党

 政権与党としての統治能力に強い疑問を抱かせる事態である。民主党の小沢一郎元代表に近い若手衆院議員16人が党執行部に反旗を翻し、衆院事務局に新会派の結成届を提出した。民主党は会派の離脱を認めない方向だが、菅直人首相の政権基盤への打撃は避けられない。

 16人はすべて比例代表選出で、小沢系の衆院1回生でつくる「北辰会」のメンバーが中心だ。17日に新グループ「民主党政権交代に責任を持つ会」を旗揚げした。

 会長に就任した渡辺浩一郎氏は記者会見で、予算関連法案の採決で造反する可能性に触れた。宣言文では消費税問題などに触れ「菅政権はマニフェスト(政権公約)を捨てた」と批判した。強制起訴された小沢元代表への党員資格停止処分に抗議する狙いもあるとみられている。

 岡田克也幹事長は「理解に苦しむ行動だ。規約上、会派離脱はできない」と強調した。だが16人が予算関連法案などの採決で賛成しなければ、社民党の協力を取り付けたとしても衆院の再可決に必要な3分の2の勢力には届かない。与党の国会戦略は根本から見直しを迫られる。

 一方、民主党会派を離脱するものの、離党は考えないという16人の主張は極めてわかりにくい。民主党の看板で当選しながら国会で共同歩調を取れないというのなら、党の了承を得て無所属に転じるか、議員辞職するのが筋である。

 民主党は菅政権の発足後、主導権争いに明け暮れている。昨年夏の参院選で大敗すると、引責辞任したばかりの小沢元代表や鳩山由紀夫前首相が反執行部の動きを活発化した。

 小沢元代表は首相が促す政治資金問題での国会招致を拒否し続け、強制起訴後の離党要請も無視した。多くの有権者が「どちらが党代表で、どちらが一兵卒か分からない」と疑問を感じているのに、ここでは社会の常識は通じないようだ。

 民主党が「国民の生活が第一」という看板を下ろさないのであれば、政策実現より党内政局を優先するような対応は許されない。

 首相ら執行部は国会での多数派工作の一環として、社民党との連携に重点をおいている。しかし税制や安全保障などの基本的な立場が異なる政党にすり寄って、重要政策をゆがめるのでは本末転倒である。

 民主党は予算関連法案の修正や、社会保障と税の一体改革などの具体案を早急にまとめ、自民党などとの接点を探ることに全力を挙げるべきだ。地道な努力を続け、有権者に支持を訴える正攻法しか道はない。

------

ある意味一番悪質じゃね?(笑)

さっきも書いたけどな、民主党の看板ってのは、民主党って名前じゃなくて、2009年民主党マニフェストなんだよ。
それをグチャグチャにして、「国民の生活が第一」を放り捨てたのは菅一派のほう。

どう考えても16人のほうに理があるけどね。
大変だね、金融マフィアの手先って仕事も(笑)。
「農協の言うとおりにやったら畑が潰れ、日経の言うとおりにやったら破産する」ってのが、いまやこの日本の常識だからねえ。


てなわけで、どこもかしこもネガキャンお疲れさん! 状態なわけだが、こうやって見てみると、こいつらがなにをやりたがってるのか、すぐにわかるのだ。
だから、いまや部数の下落が止まらんし、おまけにテレビの視聴率も急下降ってわけだ。
いつまでもダマされてるほど、国民バカじゃねえよ(笑)。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20110217/
JCast_88335.html


その逆に、いまや地元のみならず、日本中の注目と支持を集めている、名古屋市の河村市長は、「民主党の本来の姿に反するような大増税地獄、国民総背番号制の流れの中で、今の幹部と違う会派を組もうと考えるのは大いに理解できる」なんて歓迎しているわけだ。
よほどこのほうが民意に近いってことだね。

サヨウナラ、偏向ねつ造脱税情報隠し記者クラブメディア!

え?
これで終わりかって?
なにか大事なものを忘れてないかって?

ああ、あの脱税朝日さんの社説のことだよね…。

べつに見なくてもいいと思うけど、どうしても見たい?
しょうがないなあ!

http://www.asahi.com/paper/editorial20110218.html?ref=any

------

農業改革―まずは農地情報の整備を

(本文省略)

ウズベキスタン―民主化も促す資源外交を

(本文省略)

------

「民主党」も「小沢」も一文字も出てきてないんだよね、どういうわけか!
とうとう逃げに出たの、脱税朝日さん?


    アッハッハッハッハッハッ
あはは

まあ、ほかの記事では例によって罵詈雑言書いてるけどね(笑)。
しかし、お得意の社説でこれって、いったいなにがあったんだろね?(嘲笑)


別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:1
201102181337
<<政界「八つ墓村」始まる(笑) | やっぱり、毎日がけっぷち | 02/17のツイートまとめ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
201102181513
 やっと動き始めたか,というのが私の感想.民主党の議員16人が会派離脱を宣言.岡田幹事長は不賛成のようですね.  ハッキリしていることは,このまま菅さんや岡田さんについて ... …
2011-02-18 Fri 15:13 ブログ「浦戸湾」

TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。