バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
というわけで、お祝いの言葉を送ってみた(笑)
この間の民主党への抗議に続いて、今度は16人の行動についてのお祝いを送ってみたわけだ。

民主党への意見はここからね。
電信だけだと効果なさそうだから、ファックスと電凸もかましたほうがいいだろな。

http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html




------

16名の真の国会議員による蜂起を心より支持いたします


前略

本日、貴党所属の16人の国会議員による、新会派設立、および、「約束を果たす民主党への回帰宣言」を報道にて確認いたしました。
2009年マニフェストを支持する国民のひとりとして、渡辺浩一郎さまをはじめとする16名の勇気ある行動と理念に対して、心より激励と支持をお伝えいたしたく存じます。

しかしながら、この後に及んで、2009年マニフェストを反故にし、「国民の生活が第一。」とは真逆の売国政策ばかりを続けられている現執行部の方々は、なんとも愚かしい発言を続けているように感じております。

私自身は党員でもサポーターでもありませんが、自由な議論を標榜している民主党では、会派の離脱、廃止、設立等について、まったく制限を儲けていなかったものと認識しております。
党幹事長であらせられる岡田克也氏は、なにを血迷ったか「離脱は規約上できない」と発言したということですが、そもそも規約すら理解していない人物がこのような要職にあるのは、政権与党としてあまりにも情けないことと言わざるを得ません。

また、国民の政権選択が2009年マニフェストを根拠とする以上、現執行部の行動こそが、民主党の倫理に背くものと言わざるを得ず、今回の16名の方々こそが、我々国民の声の代弁者と考えるものであります。

いまこそ、本来の民主党に戻る最後の機会であると考えるべきでしょう。
現執行部の総退陣、内閣の総辞職、2009年マニフェスト造反者の除籍をただちに実行されるのはいうまでもなく、可及的速やかに真に民主的な体制を再構築され、国民の信を問うべきであります。

繰り返しになりますが、このたびの16名のみなさまの行動、心より支持申し上げ、一国民として拍手と喝采にて歓迎いたします。

                   草々

------

ちょっとイヤミパワーが足らんかったかな(笑)。


別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
201102171818
<<さあ、これでデモも盛り上がるかな! | やっぱり、毎日がけっぷち | 「(16人の蜂起は)国民にわかりにくい」だってさ(笑)>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。