バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
こんな発言があったのか!

ここにも書いてあるが、仮に亀井発言をカットして放送したなら、マスコミは自分たちがアメリカの犬であると認めたようなものだな(笑)。

http://www.asyura2.com/09/senkyo74/msg/211.html

原口も堂々と「民営化は私物化」という発言をしたそうだ。
おいらは、前に「原口は売国奴」とぶち上げたわけだが、とりあえずいったん保留の上「様子見」に格上げしたいと思う(笑)。
まだ撤回には早いかな。
なぜなら、原口は「四分社化の維持」を基本路線にしているからだ。
というわけで、今後も見張ってくけどね、原口に限らず。

ところで、亀井大臣は、アメリカにケンカを売るような真似をしないために、利便性を中心に据えた「国策型郵政一体化論」を提唱しているのだとおいらは考えていた。
竹中などの売国奴に対する追求を行なわないのも、それが理由だろうと思っていた。
しかし、この発言が飛び出したということは、それはアメリカに対する態度の変化としか思えないわけだ。

直前の記事にも書いたように、これは民主党を中心とする政府全体に見て取れることである。
とすれば、日本政府は、本気でアメリカと戦う決意をしたってことになるだろう。

もちろん、そんなことは、バックのお墨付きがなければできるわけがない。
日本がアメリカの言いなりになってきたのには、日本をアメリカの侵略から守るという部分が一番大きいわけだから。

これから、民主党がものすごい攻撃に曝されることは間違いないというか、すでに始まっているわけだが、それでもこれを通していくならば、やはりアメリカは近く凋落に向かうのかもしれない。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200911012114
<<出たぞ! 平沢勝栄の「言論統制」 | やっぱり、毎日がけっぷち | 本格的なアメリカ潰しが始まった気がするな…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。