バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
うるせえ、黙れ(笑)
何度も言うようだが、文句があるなら堂々と公開コメントで書け!
オレはエロ広告みたいなのを除いて、一切コメントを消してない。
邪魔にならねえ限りは放置してやるから、堂々としてくれや。

というわけで、例によってホンネの返信シリーズ(?)である。




早い話、そいつに言わせればオレは左翼で敵国中国の手先なんだそうだ。
オレの書いた、最近の尖閣あたりの話とか、中国の権力闘争の話とかがどうも気に食わないらしい。
でもって「反中中国人」が書いているブログとやらを全部読み、その上で中国問題を考えろというご要望をいただいた。

ってことで、朝っぱらから全部読んでみたよ、これ(おいらも律儀だな…)。

http://pigzhina.blog122.fc2.com/

まあ、正直な感想を言うけどな、この人の考え方には一理あるし、共感できる部分もたくさんある。
ていうか、意外と知られてないが、この人と同じような考え方って、中国人のなかでも結構いるんだな、これが。
だから、おいらはこの人がニセ中国人だとは思わない(しかし、日本語うまいな…そのへんの日本人より上手なんじゃね?(笑))。

このブログを読めってことは、要するに中国はこんなに酷い国だと言いたいわけだろ。
で、そんな国とはつき合うな、敵国だと言いたいわけだ。

ぶっちゃけ、そんなことはどうでもいい。
オレはあくまでも日本のことを考えているだけだ。

…と、書くとややウソがある。
何度もこのブログで書いてきたが、オレはあくまでもテメエのことしか考えてない。
自分にとって都合のいい社会を作るためには、たまたま母国である日本って国が、安定していて豊かで平和な国であってもらわないと困るという、どこまでも自己都合かつ自己中心的な思想でこれを書いている。
でもって、オレは自分たちの利権を作るために、敵対勢力をぶっ叩こうと思って行動しているわけで、言ってみりゃ、このブログはプロパガンダのようなもんだ。

んなことはどうでもいいや。
簡単に言えば、オレは中国のことなんてどうでもいいと思ってるってこと(まあ、友達やら仲間は大事だけどな)。
むしろ、毎日毎日中国叩きしてる連中、おまえら本当に中国が好きだな、と思っているくらいだ。

ていうか、結局おまえら、日本をどうしたいわけ?
中韓とは縁を切って、日本を軍国化して、特別永住権所有者も含めて外国人をみんな追い出し、日本人だけの社会を作って、1ミリたりとも領土はやらん、資源もやらん、左翼は国外追放、悪の帝国は滅びろ、日本こそが正義、オレたちの誇りが満たされた! ってことになればそれで満足なわけ?

まあ、気持ちはよくわかる。
ぶっちゃけ20年くらい前のおいらはそれに近い考えだったしな(苦笑)。
若気のいたりで防衛大なんぞ受けた恥ずかしい過去もあるんでね…。

世の中には、なぜか元左翼の右翼ってのが多いわけだが(ナベツネとか石原とか、主権回復のなんとかとか…)おいらは、嫌米嫌中嫌露嫌朝嫌韓…ていうか国粋主義の極右から、いまなぜか中道(だと自分では思ってる)というコースに落ち着いてる。
まあ、そんなことはどうでもいいんだけどさ…。

じゃあ、現実としてどうなのさ、って話だ。
それを実現させようとしてやったら、果たして日本人は幸せになるのかね?

冷静に考えてみりゃわかるが、正直そうはいかんな。
めんどくさいからいちいち細かいところまで説明しねえけど、シナリオとしてあり得るのは、日本が戦場になってエライことになるパターンか、中国あたりが戦乱になってグチャグチャになるパターン、もしくは、東アジア全域が火の海状態のどれかしかねえだろな。

どうしてかと言えば、中国にしろ韓国にしろ、いまのところ、主要産業が日本なしじゃ成り立たない構造になってるからだ。
韓国の産業が危機になったとしても大したことにはならないが、中国はヤバい。
それこそ国内の統制がまったく効かなくなる可能性が高い。

個人的な考えだが、中国には3つの経済があると思ってる。
党とか軍とかって分別じゃなくてな。
オレの考えでは、「資産バブル経済」と「高度成長経済」と「奴隷経済」の3つだ。
これがまとめて同時に発生してるという、いままで世界に例のない状態だ。

そのうち、危険にさらされているのは、当然のように資産バブルなわけだが、単純に経済だけの意味で言えば、これがぶっ壊れたところで中国はビクともしない。

それ以外のリスクがあるから怖いって話をしてるわけ。
前にも書いたが、中国の人民解放軍というのは、7つに分かれて存在する財閥のようなものであって、利権と商売こそが主目的の団体だ。
資産バブル崩壊が起これば、この連中をどのように刺激するかわからないということが、中国最大のリスクってわけだ。

隣の国でドンパチやってるだけで済んだとしてもろくなことにはならない。
難民問題から核汚染まで、あらゆる問題に立ち向かわなければならなくなる可能性は非常に高い。
日本のみならず、極東の国はどれも大混乱だ。

こういうことを考えたら、中国はどうでもいいってわけにいかんのだよ。
奴隷とほとんど変わらぬ境遇にある大半の中国人たちには申し訳ないが、共産党による一党独裁によって、ひとつにまとまった形で安定しててもらうことが日本から見ればありがたい話なのだ。
だから、言いたくはないが、おいらは共産党による支配を消極的ながらも歓迎しているというわけ。

こんなこと考えてるのが親中派かね?(笑)

前に中国人というのが日本人以上に自虐的な人たちだと書いたことがあるが、とくに大卒のインテリ層で、そのへんの会社に安くこき使われてる人間には、本当に反中というか、共産党に幻滅しているヤツらが多い。
彼らいわく、中国でもっとも差別されているのは中国人だと言うわけだ。

なんせ、中国人は自国の領土であるはずの香港やマカオ、一部経済特区や自治区に入るのにも通行証が必要だ。
深セン市に住みながら、隣の香港に行ったことがないなんて人間も大勢…いや、むしろ大半と言っていいくらいいる。
その上、戸籍の種別によって、住所の制限もある。

南のほうは規制がゆるいようだが、ひとりっ子政策のために、子どもはひとりしか作れない。
それも実は漢族に限っての話だ。
少数民族はふたり作ることができるし、外国人については当然制限はない。

そのため、ものを知っている中国人は、中国には4つの階級があると公言する。
第一が共産党、第二が外国人、第三が少数民族で、最下層が漢族だ、と。

だから、彼らは共産党のことなんて信用してないし、日本なんか比べものにならないほど政府を憎んでいるってのが正直なところだ。
でも、しょうがないだろ?
あの人口が香港なんぞに押し寄せたらとんでもないことになるし、移動制限しなければ都市が都市としての機能を保つことができないのが現実だ。

だから、多くの中国人は生かさず殺さずの状態にされるわけ。
資源や食料、水などの問題もあるし、海外に大挙して出て行ったらあちこちの国が困るという実情もあるからね。
まあ、あくまでもそのためにやっているわけじゃないけどな。

中国共産党というのは、結果的に、中国人を押し込めて社会の安定を図っている存在なわけ。
で、それがうまいこと続くように周辺国としては上手に操作しなきゃならんわけ。
その最大のキーを握ってるのが、幸か不幸か我々日本だってことに気づかなくちゃならんでしょ。

アメリカさんというか、その裏の連中なんぞは、それをぶち壊したくて、日本に工作員送ったり、中国を恫喝したり、いろんな揺さぶりをかけている。
左翼的な思想に染まってた日本を思い切り右傾化させてるのもまさにそれ。
騙された! という怒りが非常に効果的で、日本人を盲目的に反中に向けようとしているわけだ。
冷静に考えりゃものすごく愚かなんだがね。

中国も同じで、天安門事件にしろチベットにしろ、あんなものはアメリカさんたちが裏で画策した工作にすぎない。
天安門事件の首謀者なんざ、扇動された学生たちが殺されてる間に、とっととアメリカに行っちまってたんだから非常にわかりやすい。

あれで中国が世界で孤立して、場合によっては東アジアが大混乱になるかもしれないってとき、その救世主になったのが我が国の天皇陛下なわけだ。
それが国辱のように言ってるヤツがいるわけだが、そうでもしなかったら、どんな事態に発展していたかもわからない。
あれは、日本を救うための行動でもあったのだぞ?

で、その後、中国は手のひらを返して反日プロパガンダに走るわけだが、なにもこれは天安門事件から目を逸らしたかっただけじゃなくて、上海閥とアメリカさんたちによる、極東混乱作戦にすぎないわけだ。
そうは言いながらも、上海閥と日本の清和会勢力は仲良しだったわけで、表向きいがみ合いながら、裏では一緒に商売やって大儲けしてたのが正直なところ。
それを知った日本と中国のそのほかの勢力は、これまたこっそり手を取り合って商売に励んでいたわけで、経済協力によって親日派が権力を握るようになってきたってわけ。

結局、どれだけアメリカさんたちが極東を混乱させようとしても、どうしてもできなかったのは、日本のなかにうまいこと中国をコントロールする人たちがいたからだ。
しかも、そのへんがうまかったのは、かつての日本共産党でも社会党でもなくて、もちろん旧・民主党でもなくて、清和会を除く自民党や自由党だったってことを忘れちゃいけない。
まあ、一応、公明党や福田康夫も忘れちゃいけないな。

それもこれも、みんな極東の安定のためであって、決して中国のためなんぞではなく、日本のためだ。
少なくとも結果としてはそういうことになる。

でもって、原則論振りかざしてグチャグチャにするヤツらが現われたのがいまだ。
おまけに、中国が勢いづき、なおかつ日本が右傾化するような、どうしようもない方法で尖閣での事件を処理させるという工作までやらかしたときてる。
菅、仙石、前原、この3人の工作員は早いところ始末しなきゃえらいことになる。
ついでに、反中プロパガンダを始めたマスコミやらクソ自民党、みんなの党なんかのヤバい連中もしかり。
共産党? 社民党? ぶっちゃけ眼中にもねえ(笑)。

尖閣は確かに日本の領土だが、そんなもん、ずっと前からナアナアにしようと日中で決めたんだから、ナアナアにしときゃいいんだよ。
それをわざわざアホ工作員の前原がグチャグチャにしやがった。
まあ、なっちまったものはしょうがねえ、小沢先生じゃなくて、あの連中に政権やらせてオレたちが愚かだっただけだ。

中国の工作員やらバイトやらが暴れてたってほっときゃいいんだ。
喚くから問題にされちまうんだろ。
それこそ国益の毀損ってやつじゃねえの?

で、このタイミングに合わせて、アメリカさんが中国への経済制裁なんぞを始めようってんだろ?
来月の全人代で反日派に権力を握らせよう、日中が衝突するように仕向けよう、そこまでいかなくても中国バブルをひと突きしてやろうって魂胆がミエミエじゃねえの。
それに乗っかって中国突き放して、本当に日本は平和で幸せになれるわけ?

日中友好を叫びつつ、裏では思惑をもってコントロールしてりゃいいんだよ。
日米同盟とやらと同じようなもんだ。
いきなり全部の米軍追い出したら、アメリカさんにまた敵性国家扱いされるかもしれねえわけで、うまいことやらにゃいかんのはご存知のとおり。
他国なんざ絶対信用できねえわけだが、信用したふりしないとヤバいこともあるのだ。

戦略も構想もなしに煽られて喚くなってんだ、ボケ!
文句があるなら、堂々と反論しやがれ!


別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:5 | トラックバック:0
201009281244
<<まだまだ工作は続くだろうな… | やっぱり、毎日がけっぷち | 規制強化も規制緩和も根っこは一緒>>
この記事のコメント
 
201009282111
書いておられることになるほどと思わせてくれるところもありますが、オザー先生マンセーの時点で私的には信用度ゼロになってしまいました。

外国人参政権推進を明言し、自らを人民解放軍の野戦軍司令官と称した人ですよ。方便の発言であったとしても、とても日本の国を担える人とは思えません。

そもそも、この人は選挙と政局の天才かもしれませんが、政策、外交はどうなんでしょうね。まともな発言を聞いた覚えがありません。


また、汚い金に絡んでいるのは仕方がないにしても、それに関連した人間が死に過ぎです。恐ろしいです。
2010-09-28 Tue | URL | #Q1jo4wxQ[ 内容変更]

 
>きのこさん
201009290249
そりゃエロとか書いたからじゃねえの?(笑)
なお、今回も消した。
2010-09-29 Wed | URL | がけっぷち社長 #-[ 内容変更]

 
201009291125
一生懸命書いたのにv-217
2010-09-29 Wed | URL | きのこ #s5RVRKAk[ 内容変更]

 
201010051526
で結局日本はどうしたらいいの?核持つべきなの?
簡単に手短に説明ヨロシク。
長いのは嫌いです。バカっぽいから。
2010-10-05 Tue | URL | 名無し #mQop/nM.[ 内容変更]

 
201010071902
他人の文章にネットでコメント入れるのは楽でよい。
自分の考えを日々発信するのは色んな意味で大変なことだ。ましてや人の常識や先入観を的に回しのての意見の公表は敬意に値する。
今日もがけっぷち社長の発信を楽しみにしている人が、たくさん居ることでしょう。ここにも1人居る。
2010-10-07 Thu | URL | 崖底出版社長 #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。