バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
もはや後戻りなんぞはきかないのだ(笑)
飯山先生

このお方が誰なのかは、わりと多くの人が知っているだろう。
正直、初対面の印象は「完全に中国人?」という感じであったが、そんなことはどうでもいい(笑)。
いまや、日本人、韓国人のみならず、中国人にも先生、先生と追いかけまわされている飯山一郎先生だ。

おいらはSkypeで毎日のように話していたので、ある程度はその人となりを知っているつもりだったが、実際に会ってみるとやっぱりまるで違うね。
いや、先生のキャラクターはまったく「飯山一郎の小さなリトマス試験紙のようなホームページ」と同じであるし、Skypeで話していたときもそのままだ。
だが、会ってみるとさらにいろいろある。

ちなみに、おいらが到着したのは現地時間の23時をまわっていたのだが、先生たちに二度目の夕食をつき合っていただいた。
「食は広州にあり」とよく言われるわけだが、確かにここの料理はうまい。
深センに住んでいたときも、ここまでうまい中華料理に出会ったことはなかった。

ただ、先生は「今日は日本人好みにしたけど、明日以降は覚悟しろ!」と言っていたので、さてさて、明日からどんなものを食わされるのか…実はわりと楽しみなのだけど(笑)。

まあ、それはそれとして、わずか1週間で広州に来てしまった。
ある意味、ものすごい選択をしたってことになるのかもしれないが、あまりおいらには実感がないというか、べつにたいしたことでもないと思っている。
いずれにしても、後戻りはできないわけだが(笑)。

先生は「大成功しないと意味がない」とおっしゃっているが、まさに同感だ。
ビジネスとしてももちろんそうだし、大きなアジアを発展させるためにも、さらにその先にある「日本が世界を席巻する」目標のためにも、成功しすぎて困ることなどなにもないのである。

まあ、でかいことを言うだけなら簡単なわけで、明日から身体を張って頑張りたいと思う。
とりあえず、最近、引きこもり続けて太ってしまったので、減量もしたいしな(笑)。

というわけで、とりあえずは報告である。
続きはまた明日にでも。


別窓 | どうでもいい話 | コメント:4 | トラックバック:0
201001120318
<<01/12のツイートまとめ | やっぱり、毎日がけっぷち | 01/11のツイートまとめ>>
この記事のコメント
 
201001122031
大島など小笠原諸島を選挙区とする東京都議補欠選挙。《1月15日告示・1月24日投開票》

今回の都議補欠選挙は、自民党と民主党の一騎打ちであり、参議院選挙の前哨戦として「外国人参政権
付与法案」を補欠選挙の争点にすることができれば、参議院選挙の帰趨を占う重要な戦いになります。

③ 国内外の愛国有志の方々が1000名以上が、町村役場や議員並びに民宿などへ、
告知行動をとってもらえるなら、マスコミも無視できず、参議院選挙の争点に浮上させることが出来ます。

水間条項より。小笠原選挙区へメール活動お願い致します。

http://ariesgirl.exblog.jp/12647052/

↑町村役場や議員並びに民宿の電話・FAX番号記載。
2010-01-12 Tue | URL | june #X6ZPLusA[ 内容変更]

 
201001130102
お疲れ様です
先日飯山先生のホームページの方でも大々的に紹介されてましたね
頼りにされてるじゃないですか
2010-01-13 Wed | URL | #-[ 内容変更]

 
>juneさん
201001140242
わかったから、関係あるところにコメントくれませんかねえ?(笑)
ついでにいえば、ご自身の結論も。
2010-01-14 Thu | URL | がけっぷち社長 #-[ 内容変更]

 
>名なしさん
201001140244
どういうわけか、そういうことになってしまってますね。
一番驚いているのは本人なわけですけれども(苦笑)。

まあ、頑張ります!
2010-01-14 Thu | URL | がけっぷち社長 #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。