バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
小沢一郎と「外国人地方参政権」
小沢一郎が「外国人地方参政権」の推進者であることは有名な話だ(「外国人住民基本法」とはべつである、念のため)。
そのへんについて、メールをいただいたので、ちょっと触れておきたいと思う。

なお、おいらにメールで意見をしたくなったら、左下のフォームから送ってくれればいい。
無精者なのですぐに読むと約束はできないけれども…。

ちなみに、その人の意見は、小沢が掲げている理念は非常に優れたものであり、外国人地方参政権は認めてもいいのではないか、というものだった。




小沢の掲げている理念については、下記のリンクを見てもらいたい。
自由党と書いてあるところからして、どうやらかなり前に書かれたものであるようだ。

http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/05.htm

意外に思うかもしれないが、小沢の意見には、おいらもほとんど100%賛成なのである。

戦時中の強制徴用に関する真偽うんぬんは、ごちゃごちゃになるので触れる気はないというか、いいかげんそんな過去の話で日韓関係を引っ掻きまわすのはやめてもらいたいという立場なので、あえて無視する。
ただ、それがどうであろうと、現在の在日韓国人の多くは、韓国から見れば棄民であり、実質的には日本人と言えると思うし、彼らが被害者とは思わないが、微妙な立場にあるのもまた事実だろう。

よって、そろそろこの問題に終止符を打つためにも、同化政策を進める必要はあるだろうなとおいらは考えているし、地方参政権というのもその一環であるとは思うわけだ。

ただ、それでもあたくしは、外国人参政権には反対である。

多くの在日の人がまともな人間だってことはわかっているが、そのなかに潜んでいる一部の在日の人間が、日本人の売国奴と組んでさまざまな日本疲弊工作を行なってきたことはまぎれもない事実である。
そんな連中にとって、参政権の有無などどうでもいい問題だとは思うが、日本にとってマイナスな人間にそれらの権利を渡してしまい、その拡大の糸口を与えてしまうのは非常にリスクの高いことだ。

確かに、それに目をつぶったとしても、同化政策を進めるメリットは少なからずあるとは思う。
ただ、そのままでは絶対にダメだ。
少なくともあと3つ条件がある。

まず、小沢の理念にあるように「過去の清算」という意味での参政権であるなら、日本において出生した在日韓国人限定の法律とするべきだ。
「特別永住権保有者に限定する」というようなものではなく、「日本国内で出生し、出生における韓国籍を保有する、特別永住権保有者」と、法律の条文において限定するのが筋だろう。

理由は非常に単純であり、そのほかの外国人に対して自動的に参政権を認めるのではなく、その必要があるときに法案について国民的議論を行なってから立法作業を進めるべきだからだ。
それくらい、これはデリケートな問題なのである。

第二に、自動的に選挙権を付与するのではなく、誓約書を兼ねた登録制にしてもらいたいということだ。
それは、前にも書いたように、日本に対する忠誠を示す誓約書にサインしてもらうということだ。

最後に、これがもっとも重要なのだが、この法律は10年程度の時限立法とし、同時に日本における在日韓国人の帰化システムを整備し、完全な同化を目指していくことである。
もちろん、これについても「日本国内で出生し、出生における韓国籍を保有する、特別永住権保有者」に限定した立法とするべきだろう。

ここまできちんとやるというのなら、おいらは小沢理念についても賛成である。

おいらが怖いと思っているのは、これらの理念の外にある話なのだ。
小沢自身がそう思っているかどうかはわからないが、少なくとも外国人住民基本法なんてとんでもない売国法案を考えているヤツらがいるのだから。
ひとつの法律が成立してしまったがために、その後、多くの日本人の与り知らぬところでろくでもないことに利用されるような事態になりかねないわけだ。

ちなみに、いま、地域主権というものがさんざん提唱されているわけだが、これと外国人地方参政権も無関係ではない。
最悪のケースで言えば、地方を日本人から切り離し、外国人の自由にすることだって可能になるわけだ。
郵政や道路公団のように地方の公共財が切り売りされたり、治水権や農業権を外資に根こそぎ持っていかれるケースもないとは言えない(すでに似たようなことは起こっているが、それがさらに酷くなるってことだ)。

よって、どちらの法律にしても、解釈の必要のない、徹底的に目的と効果を絞った立法にしなくちゃならないわけで、単純に政治家や政党の理念だけで判断するのは愚の骨頂だ。
また、小沢の理念がそうだというわけじゃないが、べつの目的のために無理やりぶち上げた理念を喧伝しているだけの場合もあるので、言葉だけを信用することなく、徹底的に臆病なくらいチェックする必要があると思うのだ(小泉のケースで十分にわかってるだろ?)。


別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:1 | トラックバック:0
200911162335
<<日本のことはほっといてくれ! | やっぱり、毎日がけっぷち | こういう売国法作ってるヤツはいますぐ死んでくれ!>>
この記事のコメント
 
其の通りです
201010011139
小沢さんの理念には当に私の考えと同じですが、外国人参政権に付いてのみ賛成しかねていました。
>日本に対する忠誠を示す誓約書にサインしてもらう。
>日本において出生した在日韓国人限定。

之の2点のみにに尽きます、最近増殖している外国人のなかで(特に中国人は)日本に何ら利益を齎さないし、生活習慣のトラブルなど色々問題を起こしている、中には中国無法地帯と成ってしまっている団地や商店街がある。
忸怩たる思いで過ごしています。
まさに、私の思いを代弁して頂き有難う御座います。
2010-10-01 Fri | URL | nemoto1 #gIYQI5Sw[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。