バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
と、いうわけで…FC2にやってきた!
ラオスの悪ガキども



FC2にやってきた、がけっぷち社長というものである。

どのようにがけっぷちかと言えば、ここの記事をあさって読めばわかるはずだ。
でも、それじゃあまりにも不親切なので、さらっと説明すると「借金取りに追いまわされている現役の逃亡者」であるが、同時に「少なくとも2社の経営者」という人間である。

少なくとも、という部分に、ツッコミが入りそうだな…。
まあ、そこは空気を感じていただければ助かるかもしれない。

ちなみに上の写真は、逃亡中に世話になったラオスのクソガキどもである。
ピンぼけじゃなければ、おそらく、おいらの最高傑作になっただろう素晴らしい構図だ…ってのはどうでもいい。
こう見えても、本業はマリファナ売りで、副業は売春斡旋で、小遣い稼ぎに外人だらけの船にプリングルスを売りに突入するようなちょびっとヤバい連中だ。

なお、あたくしはヤツらの本業、副業の顧客ではない、念のため(笑)。




さて、おいらは、Yahoo! ブログで「やさぐれ海外逃亡社長Presents「毎日ががけっぷち」」というものをやっていた。
当初の予定では、起業がらみの話とか、アジアを中心とした海外生活ネタを書き綴るつもりでいたのだけど、気がつけば完全な政治経済ブログになっていたという、計画性まるでなしの燦々たるブログだ。

ただ、人に指摘されるまで気づかなかったのだが、どうも宮崎勤ネタあたりを書いてから、ちょっとずつ知られるようになってきたらしい。
マイナーな存在ではあるが、わずかでもおいらの世迷い言に耳を傾けてくれる人がいるというのは、本当に嬉しいことだ。

それに、おいらがこれらを書くようになったのは、必然だったかもしれないと思っている部分もある。
自分と同様に、いまや日本もがけっぷち状態だからだ。

考えてみれば、おいらが船越英一郎や山村紅葉にガケへ追い詰められる犯人のようになっているのだって、そういった日本の悪しき構造と無関係ではない。
他人のせいにしようとか責任転嫁しようというのではない。
事実を述べているだけのことだ。

ただし、かつて、そういった日本の構造を作り出す、政治経済の構造に無関心であり、不勉強であったのもまた事実。
自分や大切な人たちが幸福であり続けるためには、まずは敏感にならなきゃならないし、なにが正しくて、なにが間違っているのか、きちんと判断しなければならないと思う。
少なくとも、自ら日本と日本人を谷底に突き落とそうとしている売国奴どもの動きは絶対に止めなくてはならんのだ。

政治とか経済の話を言われて「そんなことオレらには関係ねえよ!」と思っている人は大勢いると思う。
だが、経験者の意見として、あえて上から目線で言わせてもらう。
思い切り関係あるんだ、これが。
しかもだ、気づいたときにはすでに手遅れ…ってことが多すぎるわけさ。

個別の事実と根拠は改めて書かせてもらうが、実際にいくつかの売国的な政策によって、銀行の執拗ないじめから、CM流しまくってた金融屋やら取引業者からの恫喝、会社の倒産・整理、億単位の借金返済、家庭内での刃傷沙汰に一家離散、家族の自殺、身内も含めた周囲からの訴訟ラッシュ、そのほかもろもろのろくでもない目に遭ってきた。
ただ、それらのトラブルのほとんどを「頭を使うこと」でなんとか切り抜けてきた。
逃亡生活なんてのはオマケもオマケであり、言ってみれば、精神的な過去との決別であって、人生ロンダリングのようなものだ。

ここは、本当に痛い思いをして、いまだに傷が癒えるどころが広がりまくっている落伍者によるブログだ。
こんなことを言っては申し訳ないが、机上の理論だけで動いてる連中とか、誰かの利益のためにウソを喧伝して金儲けしているヤツらとはわけが違う。

自説がすべて正しいなんておこがましいことを言うつもりはないし、押しつけるつもりもまったくない。
実際に、間違っていたことだってあった。
ただ、それでも間違いにしがみついてるようなムダなプライドはないし、その必要もない。

そもそも、そんなことにかかずらわっていられるほど余裕もないのだ。
ひとりでも多くの日本人…いや、日本人に限らず一般庶民を目覚めさせないと、日本だけでなく世界がエラいことになる。
気づいていないかもしれないが、いまやそんな状態の一歩手前に我々は立っているのだ。

だから、バカにされようが、叩かれようが、そんな小さなことにはこだわらず徹底的に書かせてもらう。

ここはそういう場所である…というか、そうしていくつもりだ。
多少なりとも興味を持ってもらえたなら、気が向いたときにぜひともご来訪いただきたい。

で、おいらのことなんぞを信じることなく、疑いに疑いまくって、自分の頭で判断してもらいたいと思う。


別窓 | どうでもいい話 | コメント:2 | トラックバック:0
200911120306
<<「官から民」幻想はさっさと捨て去れ! | やっぱり、毎日がけっぷち | 高貴でブルジョアな支配者のみなさまへ(笑)>>
この記事のコメント
 
管理人のみ閲覧できます
200911140633
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-14 Sat | | #[ 内容変更]

 
上のコメントについて
200911152353
ご本人の希望により削除しました。

でも、削除しなくても構わないと思いますけどね…(笑)。
難しく考えることないですよ、きっと。
2009-11-15 Sun | URL | がけっぷち社長 #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。