バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
中国の税関はなかなか面倒だ…ていうか、これくらいするのが普通なのかもと思ったわけで…

今日はおいらの誕生日であるが、別段、思うところはない。
34にもなってなんなのだが、いまだに私は20代のときとまったく変わってないし(進歩してないし)、第一、海外逃亡中の身分なので、そんなことを考えると、生きているむなしさを感じてしまうではないか。

そんなことはどうでもいいのだが、あたくしはやはり本だけはなくては生きていけない人間だ。
英語は自己流だし、いま中国を住まいにさせてもらってるにも関わらず、中国語なんてまるで話せないし読めない。
というわけで、日本の書籍が欲しくて欲しくてたまらないのである。

中国にも香港にも、日本の書籍を扱っている本屋はある。
だが、いまだに中国本土内にある本屋は知らないし、私のいる場所から香港の中心地まで行くのも往復で80香港ドル(1200円)くらいかかる。
面倒だなと思って、日本のアマゾンに注文してしまったというわけだ。

実は、まとめ買いするのであれば、このほうが安い。
香港の書店では定価の1.5倍くらいするが、アマゾンなら配送料1900円と1冊あたり300円を足されるだけだ。
あまり安い文庫本だと高くつくけどね。

ところが、そいつがいま、税関で引っかかっているようだ。
アマゾンはFedexを使っているようなのだが、その担当者から携帯に電話がきた。
あたくし以上に聞き取りにくい中国版英語でしゃべられて、わけがわからん状態。
中国の人はたいてい気が長いのだけど、だんだんあっちもいらいらしてきたようで、メールアドレスを教えろと。
それを伝えたものの、1時間経とうがさっぱり届かないメール。
しょうがないので再び電話したところ、今度は逆に向こうのメールアドレスを教えてもらい、こっちから送るはめになった。
日本じゃ考えられないよなあ。
まあ、些細なことだけど。

で、メールで届いた詳細なのだが、どうも、税関に対してレターを書かねばならないらしい。

「これはいくらいくらのもの」「中身は○○」「個人使用のみで転売はしない」などを書かされ、さらには「関税はいつでも払う準備がある」「法律的な問題には積極的に対応する」といった誓約まで必要なのだとか。
おかしいなあ、いままで、税関に引っかかったことなかったのに。
抜き打ち検査でもしてるのかしら。

てなわけで、いまだに荷物は届いていない。
この週末に読めるかどうかも未知数だ。
くそー、久しぶりに思いっきり大人買い(意味違う?)したのに。
本だけで1万円以上なんて、本当に久しぶりだ。
これでしばらく食うのに困るのも目に見えてるし(汗)。

というわけで、そんな対応をしているだけで、おいらの誕生日は終わった。
34歳のスタートとして、これはよかったのか悪かったのか…。
まあ、いまさらそんなこと言っててもしょうがないんだけどね。

別窓 | 中国も嫌いじゃないぞ | コメント:0 | トラックバック:0
200802160114
<<倍の金を払っても、日本品種の米を買う価値があることがよーくわかったというお話である… | やっぱり、毎日がけっぷち | 日本の出版事情もかなりヤバいところに…それもおいらにとってはありがたい話だが…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。