バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
中国のビザデリバリーは、意外と外国人にも優しいことがわかったのであるが…


おいらが暮らしているアパート(日本でいえばマンション)には、とにかくデリバリーのチラシがいっぱい入ってくる。
そのメインは中華料理の出前(まあ、当たり前だけど)なのだが、実はピザのデリバリーもけっこうやっているようだ。

街を歩いているとたまに見かけることがある。
ただ、配達のスタッフはバイクではなくて自転車であるが。

文明社会の食い物(すげえ失礼!)を食べたいなあと思って、おいらもそれに挑戦してみることにしたのだ。
インターネットで注文できるみたいなので、言葉がわからなくてもどうにかなるはずだ。
ちなみにアドレスはhttp://www.4008123123.com/である。
なかなか派手で面白いので、見てみるだけでも楽しめるかも。

なんと、中国なのに珍しく英語の解説つきなのだ!
そりゃ、欧米人が頼むことも多いだろうからね。
しかし、彼らはどうやって住所を入れるんだろう…。
アルファベットでもいけるのかしら?

幸いにも、あたくしの住んでいるアパートは日本の漢字で住所の一部を入れるだけで出てきた。
なかなか便利な場所に暮らしてるんだなと再確認。

さて、話は変わるけど、日本に和風ピザがあるように、中国にも中華風ピザがある。
画像はその宣伝のもの。
もっとも、中華風というよりも、世界の味寄せ集めみたいな感じだけどね。
味の想像がつかない…。
さすがに、おいらはノーマルなものを選んだけどね。

で、お届け予定時刻はこっちの20時(日本の1時間遅れ)くらいなのだが、なぜかいま電話がかかってきた。
もちろん、スタッフは中国語しかしゃべれない。
でもって、こちらは中国語がわからない。
そう言ったら「ハウダー」(好的=わかった)と言って切れたけど、なにが聞きたかったんだろうね?(笑)

しかし、ほかの出前に比べると本当に高いね。
普通に50元(750円)オーバー。
デリバリー料も5元(75円)取られる。
一般的な中華の出前なら20元以下でいろいろ食えるようだが。
日本の感覚から考えれば、夢のような金額だけれども、こっちの物価に慣れてしまうとやはり躊躇してしまう。
だって、1日暮らすのに50元なんていらないもの。
たばこふたつで9元。
自炊で済ませれば、一カ月で500元もかからないので、せいぜい1日20元。
引きこもり状態なら1日30元でどうにかなるってことだ(家賃と光熱費を除いてね)。
中国内で一、二を争う物価が高い街であるにも関わらず。

と、書いてたらピザが着いたようである。
感想についてはまた書くことにしよう。
ビールとピザ、久しぶりの贅沢だ!

別窓 | 中国も嫌いじゃないぞ | コメント:0 | トラックバック:0
200802172057
<<デリバリーとFedexなら前者のほうが便利だとよくわかったあたくし… | やっぱり、毎日がけっぷち | 一応、本業ってわけで、たまには中国の文学の話でもしようかと思ったわけなのだ…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。