バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
エロ本業界の内幕をちょっくら話してみようかな…<超初級編>

あんまり海外起業とは関係ないけど、日本でやっていた仕事のことでも話してみようかと思った次第。
ちょうど、ほかのブログでエロ本がらみの話をしていたのもあるし、いまやってる単行本仕事のデータがなかなかこないから暇なのだ(笑)。

いや、やる気になればやることはいっぱいあるんだけど、待っているときってなかなか気分が乗らなかったりするじゃないの。

さて、おいらがいままでにやった出版関連の仕事は、だいたい次のような感じ。

●編集者として

 <雑誌>
 コンピューター雑誌 3冊(1冊は編集長)
 エロ本(定期刊行) 4冊(ほとんど編集長)
 エロ本(臨時増刊) 8冊(たいていはひとりで作った)
 ちょっとエロ的雑誌 1冊(編集長)

 <書籍、ムック>
 コンピューター教本 20冊以上
 野球ムック     3冊
 営業ツール本    1冊(詐欺みたいな会社の)
 女子アナムック   2冊

●ライターとして

 <雑誌>
 エロ本記事     数限りなく
 女子アナ記事    数限りなく
 政治関連記事    数限りなく
 コンピューター記事 数限りなく
 野球記事      数限りなく

 <書籍、ムック>
 食品関連      1冊
 法律関連      3冊
 人物関連      2冊
 芸能関連      1冊
 経済関連      1冊

まあ、ざっとあげたところでこんなもんかな。
まだ忘れているのがあるような気もするけど。

このなかで、ひときわ目を引きそうなエロ本関連の話でもしてみよう。
今回はその初級編ということで(なんの?)。

エロ本でもっとも大事なもの、それはお姉ちゃんの裸である(言い切り)。
これはどんな方法で撮っているのか…これが多くの読者にとっての最大の謎であろう。
エロ本にロマンを感じている人は、これ以降の文章を読んではならない。
なぜなら、現実を知ればバカバカしくなるに違いないからだ。

世の中には、モデル事務所みたいなのが山ほどありましてな、そこに所属している女の子が星の数ほどいるですな。
みんな、できればそんな仕事をしたくないと思うかもしれないが、たいていの場合はこういうエロ専門モデルみたいなところなわけ。
こういうところに所属するためには、宣材と呼ばれる写真を撮るのだけれども、すでにその時点でパンツ一丁の写真を撮られる。
それを多くの編集部やらビデオ会社の人間が見て、撮影を依頼するというわけなのだ。
つまり、その時点で多くの人間たちに裸を見られてることになりますな。

で、そのギャラはどんなものなのか。
もちろん、これにもピンキリで格差がある。
まず、単体女優と企画女優という大きな扱いの差があるのですな。
前者は事務所が頑張って売ろうとしている看板商品、後者はそれ以外。
で、前者の場合には、いわゆるAV女優のような仕事をしている人がほとんどなのであります。

だけど、ご存知のとおり、エロ本のほとんどの記事は「街でナンパしたお姉ちゃん」とか「たまっている人妻」とか、そういうキャラってことになってるわけで、グラビアヌードページのようなものを除けば基本的には後者を使うわけですな。

そのギャラ…いやあ、ほんとに言いにくいな…でも書いてしまおう!
なんと、事務所に支払う金額で3万円~8万円くらいだ。
これはさまざまな諸条件によって変わる(目線の有無から、撮影内容までいろいろ)。
まとめて3人とか頼めば安くしてくれし、人気のある娘はふっかけてくる。

で、たいてい、丸一日撮影で拘束ってことになる。
ホテルの一室などを無断で使用し、パシャパシャとあられもない姿を撮られるわけだ。
この対価がこの金額…みなさんはどう考えるだろう?

一応、つけ加えておくが、あくまでも上記のは事務所への支払いだ。
女の子から直接聞くと「今日は1日1万円」なんてことを言ってたこともあった…。
恐ろしい…この日本で、その金額で脱いでしまうだなんて…。

こうしてやって来るお姉ちゃんたちにもいろんなのがいる。
「エロ本撮影なんて聞いてない!」ってのが結構多いな。
だけど、おまえ、すでに裸の写真撮らせて登録しているんじゃねえの?

また、事務所もいいかげんなのが多く、遅刻してくるくらいならまだかわいい。
突然、女の子が辞めてしまったとか、連絡がつかないとかで、無断でべつの娘を連れてくるケースも多い。
まあ、ヤクザな業界だからねえ。
事務所のバックに本当のそれがいるところも珍しくないし…。

で、最近はこれらの女の子の仕事もさらに過酷になってると申し上げておこう。
雑誌にDVDがついているのが当たり前になった昨今、これらのお姉ちゃんをビデオ撮影することも多くなった。
ギャラはその分上がるわけだが、いわゆる「本番」までいっても、いいところ15万円が上限だ。
それより安い、とても口にできないような金額が山ほどあるってことは、言わずと察してほしいところ。

ついでに、彼女たちにとっては悪夢としか思えない話を書いておこう。
これらの写真の使いまわしなんて、ごく日常のことだ。
一応、口約束では、1回使ったら終わりってことになってるが、事務所も編集部もまったく気にしていない。
同じ会社で作っているべつの雑誌に転用するくらいならまだかわいいもんだ。
業界が狭いだけに、他社との貸し借りだって普通に行われている。
目線でも入れちまえばわからないからね。

それに気づいた女の子がクレームをつけてきて問題になることもある。
縁談が破談になったなんて、シャレにならない話もあった。
だけど、これらの仕事には、常にそういうリスクがあることを忘れてはならない。
エロ本制作側のモラルも問題なのだが、はっきり言って、あっちはヤクザなお仕事なんでね、それを求めたところで無駄だと思う。

このリスクを本当に承知し、それでもやりたいというのなら、ぜひともエロ本業界に関わってやってくださいな。
おいらは絶対に勧めないけどね。

(たぶん、続く…)

別窓 | 哀愁だらけの出版業界 | コメント:0 | トラックバック:0
200802261819
<<うぐぁっ! と、叫びたい瞬間があるのも、底辺ライターであるからというわけで… | やっぱり、毎日がけっぷち | 明日はビザの書き換えに行こうかなってことで、久しぶりに香港なのである…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。