バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
戦争が始まりそうだ…こりゃまさかの展開もありうるな…

夜通し原稿を書いていたら、またもやブログに戻ってきたがけっぷち社長である。

日本のライター仲間とこんな時間に電話した。
でもって、いやな話を聞いて、ちょっと焦っている。
いつの間にやら、中東で動きがあったようだ。
イスラエルとイラン…一触即発どころか、すでにローカルな部分では、戦争状態と言ってもいい状態にあるようだ。
これはまずい、非常にまずいね。

アメリカがコソボの独立宣言を裏で画策していたこともあって、いま、怒っている国がある。
その国はイランとも密接な関係にある。
イスラエルが攻め込んだら、間違いなくその国も参戦するだろう。

もっともヤバいのはアメリカ(およびEU)がしゃしゃり出てくるシナリオだ。
残念ながら、まったくないとは言えない状況だ。
そうなれば、日本も直接巻き込まれるおそれがある。

中国はどうするだろうか。
どっちかにつくか?
いや、現段階ではむしろ静観の可能性が高いか。
いまの段階でどちらかを敵にまわすのは亡国への道でしかない。
それくらいわかっているはずだ。
だが、まさかあっちにってことも、まったくないわけじゃない。

ちなみにその国とはロシアである。
国際金融資本連中もバカじゃないから、ダメージのでかい全面戦争なんて避けると思いたい(終末戦争なんぞを狙っているカルトバカが実在するなら話はべつだ、そこに確信はまだない)。
だが、いまのアメリカはそれをやってもおかしくないくらい経済的に追いつめられているのも事実だ。

おいらは日本に攻めて来るバカな国などいないと昨日書いた。
だが、上述の条件がすべてそろった場合は、その意見を撤回せざるをえない。
まじめにそうならないことを祈る。

というよりも、このまま、中国に戻るべきかどうかちょっと迷っている。
中東の情勢次第では、日本が戦争に巻き込まれるかどうかはべつにして、経済的リスクが怖い。
なにかいやなことが起こらなければいいのだけど…。

これがあたくしの考えすぎであることを、真剣に祈る次第。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200803050629
<<世の中の陰謀論…ユダヤ人がらみは本当なのだろうか… | やっぱり、毎日がけっぷち | 食料がただの輸入品という時代は終わる…経済学者たちもそこに注目して欲しいのだけど…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。