バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
すごいものはすごい、それでいいじゃん

さっきまでフィギュアスケート見てたんだが、失敗気味だった浅田真央に対して、キム・ヨナの演技は恐ろしいくらい完璧だったな。
真央ちゃんに勝ってほしいのは日本人として当然なわけだが、いいものはいいと認める。

同じ年齢だけどれども、キム・ヨナには完成している感じがあるし、真央ちゃんにはまだまだ未完成な雰囲気があるね。
一時期、甲子園を騒がせたハンカチ王子とマーくんみたいなもんだな。
田中は伸びると思っていたが、大の野球ファンであるおいらもここまですごい成長を見せるとは思わなかった。
やっぱり、ライバルあってこそなんだろうな。

というわけでフィギュアの話だが、このふたりの戦いがいつまで続くのかわからないけど、非常に面白い。
明日のフリーも気になるし、その後ももちろん要注目だろうな。

どうでもいいけど、こういう勝負ごとに対して、国家の威信のようなことを言い始めるヤツらが大勢いるのがアホくさくてしょうがない。
本人たちは、お互いを尊重して切磋琢磨しているわけで、そういうレベルの低いヤツらは全員死んでくれと心の底から思う。

たとえばの話、野球のWBCとかサッカーのワールドカップのときにもあった話だが、日本をやたらと意識している一部の韓国人のインタビューとかを流して、日韓衝突というか、お互いのナショナリズムを高揚させるような工作的報道を何度もやってきたわけだ。
連中はなんでも利用するからねえ。

日本の将来を大局的に考えるなら、東アジアの連携を考えていかなきゃならないのだが、アメリカを利用している連中はそういう行動を徹底的に邪魔してきた。
日本が日本として独自に動くことにも警戒し、叩き潰してきたわけだ。
それは政界内部の話もあるし、マスコミという洗脳機関の行動ももちろんある。

るいネットにこんな書き込みがあった。

-----

『清和会に対立した経世会の末路』
 
(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
 
(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰

-----

中国と中東に近づいた田中角栄、ロシアとの友好を目指した鈴木宗男、米国債を売りたいと発言した橋本龍太郎…狙われるのは常にこういう政治家ばかりである。
これに追加して、松岡利勝や中川昭一も出てくるし、もちろん、現在狙われている鳩山由紀夫もあるだろう。
で、今後、もっとも攻撃される恐れがある亀井静香もいる。

こうやって冷静に分析してみると、東京地検特捜部はもちろんのこと、マスコミが喧伝していることにさまざまな思惑があることが見て取れるわけだ。
報道を妄信してしまうことは、本当に怖いことだ。

そのことに気づいたなら、さらにもう一歩引いてマスコミを監視してみることをオススメする。
最初に書いたスポーツに関する話のように、一見、まったく関係ないように見えることでも、視聴者に対するさまざまな刷り込みが行なわれていることに気づかなければならない。

で、そのために必要なこととして、レベルの低い考えを捨てることが必要だと思うのだ。
たとえば、スポーツにおいては、その演技のすべてがノーカットで放送されているし、マスコミだってそういう形でしか放映することはできない。
だから、それを見て素直に判断すりゃいいと思う。
すごいものはすごい、それでいいじゃないか。

その後にマスコミがいかなるものをぶち上げてきたとしても、それは連中がなんらかの思惑によって人の心を誘導しようとしているだけのものだ。
マスコミがわざわざ見つけてきた「レベルの低いことを抜かしている連中」と同じ土俵に降りてやる必要はない。

なんでわざわざそういう話をぶち上げたかと言えば、そういう連中がおいらのまわりに結構いるからだ。
そういう積み重ねが、ヘンな意識を植えつけるんだよね。

たとえば、中国関係の話として、チベットやウイグルの問題がある。
あれは確かに問題だ。
現実問題として、中国という国が安定するためには、共産党政権による中央独裁しか方法がないと思うし、消極的ながらもそれを歓迎というのがおいらの考えである。
だが、前にも書いたと思うが、いかなる目的があろうと、大量殺戮が仕方ないものであると認めるような、お花畑な脳みそは持ち合わせていない。

だが、そればかりが問題かと言えばそんなことはない。
アフガニスタンやイラクなどに侵攻し、占領している米英はどうなんだ。
おいらはこいつらだって問題じゃないかと思っている。

どっちが問題か、ではない。
どっちも問題なのだ。
街宣やってる似非右翼にこういう「片手落ち」な連中が多いけれども、その裏にあるのは正義感でもなんでもなくて、単なる利権だ。
こういうヤツらをおいらは一切信用しない。

さらに言ってしまえば、低開発国においては、政治と経済の力による人権蹂躙がごく当たり前のように行なわれている。
これは日本とて加害者の部類に入るものだ。

「ダーウィンの悪夢」というドキュメンタリー映画を見た人はいるだろうか?
先日、改めて見直したのだが、ここにはとんでもない事実が含まれている。
現地の人々が生きていくために、自然や生態系をいかに切り売りしてきたか。
その構造によって、どれだけの人間が貧困と病苦に突き落とされてきたか。
そして、飛行機が魚を積んで行く代わりに、いかなるものが現地にもたらされてきたのか。
欧米に限らず、力とカネを持っている国が、いかに世界の富を吸い上げ、肥え太ってきたかがわかるのだ。

もっと思い切りこの構造に突っ込んでみよう。

まず中国。
チベットなどの騒乱を起こしているのは、その裏にいる国際金融資本である。
中国を大国に育て上げ、その代わりに一般の人民を奴隷化し、最後にはそこに積み上がった富のすべてを持ち去ろうとしている連中である。

それにともない、臓器売買などの問題も起こっているが、さて、それを実際に買っているのは誰なのか考えてみたことはあるだろうか?
それは、中国内だけで完結している話ではなく、欧米諸国などの先進国に対して輸出されているものなのだ(日本の臓器移植に関する法改正もこれに絡んでいる可能性が大だ)。
臓器売買もまた、国際金融資本のビジネスのひとつなのだ。

世界が中国の人権問題に踏み込もうとしないという批判がある。
アメリカもまた、中国に米国債などの弱みを握られているからという憶測があるわけだが、それは正確ではない。
連中もまた、中国で行なわれている数々の人権蹂躙行為の共犯だからだ。
奴隷並みの労働力の確保にしてもそうだし、臓器売買にしたってそうなのだ。

そして、米英に関してはどうだろう。
何度も書いてきたことだが、いかなる戦争も占領も利権問題である。
だいたい、カルザイのような巨大オイル企業の人間が大統領をやっているような国もあるではないか。

考え方を変えれば、そんな誰かの利権のために動員された兵士たちもまた被害者である。
一方を正義、他方を悪という考え方に洗脳され、国家防衛とはまったく関係ないにも関わらず命がけの仕事をさせられたのだ。

チェ・ゲバラが、ゲリラ闘争について「これはプロレタリアートによるブルジョアに対する戦いだ」という言葉を残しているわけだが、これこそがまさに真実である(ただし、ゲバラ伝説については、物語だと思っているが)。
国家や国籍、人種や民族とはまったく関係ない。
国際金融資本という搾取者とその裏にあるものをまったく知らない奴隷という構造こそが世界の現実である。
その奴隷どうしが憎み合い、殺し合うことによって儲かる連中が、国家間に軋轢や溝を作ろうと工作を続けているのだ。

で、冷静に物事を考える上で、最大の障害になっているのがマスコミというものだ。
大事な情報を隠し、プロパガンダをバラまくのももちろん危険だが、知らず知らずのうちに視聴者の思考までもが作られてしまうのも大きな問題なのだ。
自分の考えではなく、作られた感情によって物事を判断する人間を大量生産してしまうのだ。

「あの○○○○でとんでもない韓国のキム・ヨナなんか、転んで失敗しろ」なんて思った人、ちょっと冷静になってみたほうがいいぞ(実は、身近にこういうヤツ多いのだ…)。
非常にレベルの低い考え方にとらわれていると思うし、作られた嫌韓的な思想によって、本当に大事なことが見えなくなる可能性が高い(韓国におけるビジネスでエラい目に遭った人とかならまだわかるけどね。あたくしのまわりにもそういう人がいるが、それでも冷静だけどな)。
もっとも、おいらが最重要と思っているのはロシアとの関係であり、その次が中国やインド、インドネシア、ミャンマーであって、韓国はどうでもいいと思っているが、それは好き嫌いの話ではなくて、日本の国益としての話だ。

自分がそういう愚かな感情に支配されてないかどうか、みんな冷静に考えてみたほうがいいんじゃないかな。
おいら自身も、それについては常に警戒するようにしているし、それでときどき猛省することがあるんだけどね…。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200910172308
<<やはり前原は前原なのかね… | やっぱり、毎日がけっぷち | こいつは大変だ!>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。