バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
古舘伊知郎が裏切った? 思わぬ方向に進んでいく中国騒乱の行方は…

おいらはあまりテレビを見ない。
だけど、ここ最近は中国と日本、衛星放送のBBCやCNNに釘づけだ。
ネットもあんまり好きではない2ちゃんねるをさんざん見てしまう。
そのくらい、いまは中国のことが気がかりだし、その上でアジア全体の情勢が気になってしかたないということなのだ。

いまのところ、おいらが住んでいるあたりは平穏そのもの。
日本にいるのと同様に現実感はあまりない。
だが、もしかするとすぐにその現実が降りかかってくるかもしれないと、準備だけはしている。
最小限の荷物はバッグに突っ込んであるし、ある程度の食料も買い込んだ。
これらの行動が先走りすぎだと後で笑われることこそがおいらの望みだ(だからといって、中国共産党政府がチベット大虐殺で完全制圧という流れはまったく求めていない)。

さて、おいらは今日、いつものように報道ステーションを見ていた。
こう言うと、右寄りの人は、あたくしが工作員かなにかだと思うかもしれない。
先に言っておくが、おいらは右でも左でも、中国の工作員でもなんでもないのだ。
朝日系に限らず、日本のマスコミがまったく信用できないことを肌で知るメディアの底辺に生息中の一ジャーナリストもどきである。
おいらが報道ステーションを見るのは、単純に市川寛子さんのお天気コーナーを楽しみにしているだけだ(中国ではまったく役に立たないという話は言いっこなしね)。

ちなみに日本の自宅では朝日新聞をとっている。
その理由は、東京の阪神ファン御用達のデイリースポーツを配達してくれたのが朝日新聞系の配達店であっただけのこと(朝日系の日刊スポーツと記事協力しているから当然だろう)。
理由なんて意外と単純なものなのである。

というわけで、いつものようにプロパガンダ放送(?)を見るつもりでテレビ朝日にチャンネルを変えたところ、今日はなんだかチベット関係のニュースが充実していてびっくりしたおいらである。
日本のマスコミの動きが、微妙に変化してきているのを感じないだろうか?
最初は、チベットで暴動という話がちょこっとニュースに出てきただけ。
日を追うごとにそのニュースの占める割合が増え、プライオリティが上がり、気づけばニュースのトップで特集なみに扱われるようになっている。
あの産経系のフジテレビであっても、最初は触れる程度だったのが、いまでは大きな扱いに変わっている(産経の場合、必ずしもテレビと新聞は一体ではない)。
そして、多くの人間が中韓の工作拠点と思い込んでいる左翼系メディア、テレビ朝日までもがこの扱いなのだ。

さて、報道ステーションには、古館&加藤の「工作員」がいる。
あんまりそういうネット右翼的なことは言いたくないのだが、このふたりの偏向ぶりは確かにそうだ。
解説の加藤は、思い切り中国共産党の広報員みたいなことばかりやっているし、古館はそれをうまく視聴者に刷り込ませる役割を果たしていた気がする。
スポーツ等のエンタテイメントも中途半端にしか放送しないし、はっきり言って見るものは天気予報コーナーしかないと思う(あくまで個人的見解)。

だが、今日は本当にびっくりした。
いつもとまったく違って、古館がはっきりと「チベット侵攻」の歴史について明言したのだ。

その瞬間、朝日さえもが中国バッシングの動きに行ったのかと思ったが、どうもこれは古館個人の行動のようである。
なぜなら、テレビの上部に出ていたテロップには、いまだに「チベット暴動」という表記が使われていたからだ。
これはもはや暴動なんかじゃない。
中国共産党政府による、チベット人弾圧および大量虐殺なのだから。
表現をやわらげるために暴動という表記にしているのかもしれないが、真相は明日以降の日本の全マスコミの動きによってはっきりするだろう。

残念なことに、日本の大手マスコミは、どれもこれも左右論調の違いはあれ、一部の思惑によって動かされている。
こんなことを書けば干されるかもしれないが、その出先機関として存在するのが「電通」というモンスターなのだ。

そんなことを考えつつ、今日は株式の動きやら、経済関係のニュースを眺めていた。
いま、おいらは株もFXもなにもやらないが、これを見ていればだいたいの次の動きが読めるのだ。
911事件の直前には航空関連株式のプットオプション(簡単に言えば、株が下がれば大もうけできるというもの)が大量に成立していた。
新潟地震のときには、地元ゼネコン株が大量に買占められていた。
毒餃子事件前には、JT株の空売りが大量発生。
あんまり書くとトンでも論にされてしまいそうなので各自で想像していただきたいが、上述したことはすべて事実だ。
世の中、いかに金によって支配されているかということである。

今日は中国、香港を除いて、ほとんどすべての市場で上昇傾向だった。
この夜に始まったアメリカ市場でも大幅な上昇だ。

だが、それが逆に怖くてたまらない。
今日、あの悪名高きゴールドマンサックスなどの国際金融資本がらみの企業が決算発表した。
サブプライムローンがらみで、大幅な減収減益だ。
明日、明後日にも、これらの企業の決算発表が控えている。

その上、IMFが、サブプライムローン関連での損失について、これまでの4倍に相当する8000億ドル規模になるだろうという発表をした。
おそらく、かつてまでのごまかし数字とは違い、実態に近いものだろう。

そんな日に、ダウジョーンズが大幅上昇しているのである。
これは警戒すべきことと思うだけどいかがだろうか?
ちなみに、連中がよくやる手口は「上げてから叩き落す」のと「下げてから買い叩く」の2種類である。
非常に怖い。

そんなご時世に、日本関連では非常に平和なニュースがあった。
この円高を機会にドル建て預金がものすごい人気を集めているという。
日本における投資があまりにローリターンだということに業を煮やした投資家たちが多いようだ。
だが、どうも日銀と政府の動きを見る限り、為替介入には消極的であるし、一時的に上がったとしても急下落する可能性が高いと思う。
せめてユーロかスイスフランにしたほうがいいと思うが、まあ、言っても仕方あるまい。
もし、この件をマスコミが煽り始めたら危険信号だ。
もっとも、そうなるまでアメリカが持つとも思えないのだけれど。

怖がらせるようだが、近々なにかが起こる要素だけは整っている。
もはや人間の愚かな行動は止められないのかもしれない。
ただ、ビールをかっくらいながらこれをしたためる次第だ。

チベットで起こっていることについて、ぜひとも下記を見て欲しい。
かなり衝撃的な画像なので、心臓の悪い人には勧めない。
だけど、これに目をそらしてはいけないと思う。

http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html
http://jp.youtube.com/watch?v=S_aBNq3oF50

何度も繰り返し言うようだが、おいらは中国共産党をまったく評価しない。
チベット問題に関してだんまりを決め込んでいる似非人権団体(早い話が反日団体)なんぞも一切認めないし、この機会に糾弾すべきと思う。
でもって、中国および中国人を経済的価値でしか見ていない欺瞞ばかりの国際社会に対して怒りを感じている。

こんな愚かなことを繰り返さないためにも、みんなが真実を知り、考え、立ち上がるべきだ。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200803190118
<<日本は日銀総裁がいないほうがいい国という矛盾…どうやらヤツらもそこまでバカじゃなかったか… | やっぱり、毎日がけっぷち | もはや経済論なんかどうでもいい…やることなすことひどすぎる…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。