バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
マスコミも一緒に白旗挙げろよ

亀井静香、完全勝利である。
誰も辞めさせられなかった、郵政の西川をついに辞任に追い込んだわけだ。
これは非常に明るいニュースである。

だが、いまだにマスコミは、竹中あたりを引っ張り出して、いろんな情報工作に必死なようだな。
郵政の最大の問題は「民営化」そのものなのだ。
どう運営するとか、そういう枝葉の話ではない。
最低でも公社として、国家の完全管理下におかなきゃならないわけで、結論を言えば、昔に戻してしまえばいいだけのことだ。

政治家としては、表立ってアメリカが郵政を狙っていると非難するわけにもいかんので、事業の一体化とか地方でのサービス低下を理由にして見直しをしているので、一般の人にはその本当の部分が見えづらいかもしれない。

なので、ものすごくわかりやすい言い方をする。
「民営化は利権である」ということだ。

役人の利権の温床を解体するために民営化があるという話があるが、これがそもそもウソである。
国家の持ち物、要するに我々の共有財産であるものを、誰か私人の持ち物に変えるのが民営化というものの正体なのだ。
「かんぽの宿」問題で、みんなわかったと思うが。

小泉にしても西川にしても、竹中のようなテレビにやたらと出演している似非エコノミストどもにしても、この利権に取り込まれた連中であるわけで、それを理解すれば、いまの亀井大臣がやっていることの「本当の動機」が見えてくる。

さて、問題は今後だ。
西川が辞めただけで、この話は終わりじゃない。
後任社長人事ももちろんだが、国会における株式上場凍結以降が重要なのだ。
特別会計の話と同じで、これは死人が出るような利権問題である。

いいかげん、抵抗に必死な民営化利権屋とその手先であるマスコミも白旗を挙げてもらいたいものだ。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200910202231
<<こういうアホが日本をダメにしてんだな | やっぱり、毎日がけっぷち | 「特別会計」表に出さないなら、国民全員で税金もボイコットだ!>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。