バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
シティバンク、終了のお知らせ…かもね…

経済ネタばかりが続いているが、このブログは決して投資だの財テクだのを目的にしたものじゃない。
政治も国際情勢もみんな経済によって動かされているという考えをもとに、今後の世界情勢の変化と日本のあるべき姿を記しているだけだ。
その点、ぜひとも誤解ありませんように。

さて、リーマン・ブラザーズが破産法第11条を申請とのこと。
日本で言えば「民事再生法」のようなものだ。
一応、再建を目指すということらしい。
第7条申請(完全な破産)という噂もあったので、それに比べればまだいいのかもしれない。
目くそ鼻くそだが。

ところで、リーマンの無担保社債を持っていた企業がすでに発表されている。
日本ではみずほ銀行とあおぞら銀行がそうだ。
金額的には数百億円程度。
おそらくは6~8割が保全されるというので、数十億円程度の損失計上で済む。
いきなり破綻ということはないだろう。

ヤバいのはシティバンクである。
なんと1380億も所有しているとのこと。
これは「日本円」じゃなくて「米ドル」である。
日本円にすれば、今日のレートで約14兆5000億円。
4割毀損で考えれば6兆円弱がぶっ飛ぶことになるわけだ。

前の記事で書いたように、シティバンクは日本でサムライ債を募集している。
今回は2回目だ。
前回のときには完売するほどの人気だったという。
で、今回も順調に売れているそうだ。

ちなみに、両方が完売まで行ってもせいぜい数千億円の話である。
経営危機に陥り、金がなくて必死にそれを集めたにも関わらず、その何倍もの金がリーマンの破綻で消え失せたわけだ。

これ、もう終わりと違うか?

もっとも、リーマンが第11条を選んだのも、シティバンク破綻を防ぐためという見方もある(第7条なら、無担保債務はすべて免責にされる)。
細かい説明はしないが、シティバンクと言えばブッシュ家だ。
そりゃもう、えらい圧力があったに違いない。

だけど、これは時間稼ぎにしかならない気がする。
ならば、彼らが取る方法はただひとつ、ヤバくなる前にどこからから金を引っ張るわけだ。

だから絶対に騙されちゃならない。
経済新聞、経済誌、テレビだけで資産運用の情報を集め、日興コーディアル証券(いまやシティバンクの子会社)の営業マンにそそのかされているあなた…悪いことは言わないから考え直したほうがいい。

さて、話はまだ終わらない。
リーマンがらみで、危機に陥っているAIGという保険グループがある。
ここも100億ドル以上の増資が必要とあちこちの会社と話をしていたそうだが、今日の夕方のニュースで破談になったと伝えられている。
その記事にはこう書かれていた。
「48時間から72時間のうちに、AIGは消滅するかもしれない」

ちなみに、日本にあるAIGの関係会社は次の通りだ。

 AIU保険会社
 アメリカンホーム保険会社
 ジェイアイ傷害火災保険株式会社
 アリコジャパン
 AIGスター生命保険株式会社
 AIGエジソン生命保険株式会社
 トランスアトランティック再保険会社

これだけでも、どれほどのショックが発生するかわかるはずだ。
しかし、厚顔無恥な連中のこと。
このピンチに陥っても、構わずいつものCMを流し続け、最後まで金を巻き上げようとするだろう。
騙されてはならない。

さて、このAIGが本当に吹っ飛んだらどうなるか?
実はこれ、リーマンなんか話にならないくらい恐ろしいことになる可能性がある。
このAIGは、アメリカにおける保険の元請け会社である。
関連会社のみならず、多くの保険会社、金融会社が次々と吹っ飛ぶ可能性があるのだ。

そこで実は浮上してくるのが、アメリカ政府が必死に触れないようにしている某企業の粉飾である。
あの悪名高きゴールドマン・サックス(GS)だ。
GSは、あのサブプライムショックすらも無傷で乗り越えたと言われているが、実はそれが粉飾じゃないかと噂されている。

このGSという会社は、アメリカにとってただの一私企業ではない。
財務省やFRBのインサイダー情報とも通じている政府ファンドのようなものだ。
GSが抱えているなかには住宅公社などの公共債権が多数あるとされていて、貸し倒れの部分が山ほどあるのではないかと、世の中の投資家たちが疑いの眼差しを向けている。
もしもこれがバレたら、住宅がらみはもちろんのこと、そのバックボーンであるモノライン保険が破綻に陥る可能性がある。
だから、アメリカは自分で日本に押しつけた会計制度を撤回してまで、必死にGSを守ろうとしているのだ。

AIGが破綻したら、そのあたりの一番触れたくない部分までもが露見する恐れがある。
そこからが本当のアメリカ経済崩壊となるかもしれない。

もっとも、自業自得だ。
詐欺商売を広げて自滅しているにすぎない。
泥棒に追い銭をくれてやるような真似はもうやめよう。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200809152311
<<こんな時代だからこそ、安全保障を兼ねた経済政策が必要じゃないのか? | やっぱり、毎日がけっぷち | 相場が動きまくりのいま、ギャンブルを考えてる人へ…>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。