バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
小渕ゆうこりんが目玉ってアンタ…なんですか、この内閣?

小渕優子が少子化対策大臣とやらになりやしたとさ。
子供を産んだからなれるってもんでもないだろうに、なんなんだ、このキワモノ扱いは?
こりゃ、お父さんも草葉の陰で泣いていらっしゃることだろう。

で、今度はマスコミがゆうこりん大臣の追っかけでも始めるんだろう。
おそらく、この予想はピッタリ当たると思う。

どうでもいいけど、日本の少子化の原因なんざ素人でもわかっている。
単純に晩婚化が進んでいることと、貧乏人が増えていることのふたつだ。
晩婚化に関しては時代の流れだし、遅れて子供が出生するのだからなんら問題はない。
貧乏人対策は雇用制度を昔のような形に戻し、それでも足りなければ農業などの必要とされる部分で公共事業を行えばどうにでもできる。
少子化対策大臣のような、肩書きだけでなにをやるのかわからんようなものを置く意味からしてよくわからない。

結局、こういう見せかけで、政府は国民に「物事の本質」を見せないようにしているのだ。
知られてしまったら困ることだらけなのだろう。

この内閣の発表を受けて、すでに多くの国民はドン引きだと思う。
マスコミもさっそく叩きに入ってるしねえ。
ひねくれた考え方かもしれないが、この内閣の目指すところは、国民の政治への関心を完全に取り払うことにあるように思えてならない。
投票率を下げれば、まだ自民党と公明党が勝利を収める余地がある。
それを狙って、このお笑い内閣を結成したのだとすれば大したもんだと思うが…。

それに、なんとしても短命内閣にしようという感じではないか?
ほかのメンバーはともかくとして、小渕優子はマスコミがいじくるのにもっとも適した存在である。
あえて言わせてもらうが、彼女さえ入れなければ、一般の「政治に関心のない国民」に反発されるようなメンバーではない。
それを、彼女ひとりでキワモノにしてしまっている。
残念だけど、内閣入りする政治家には、それなりの経験と顔が必要だ。

やはり、年内総選挙の流れをマスコミと共同して作り出そうとしている感じがするのだけれども。
それを求めているのは創価学会だ。
来年になったら都議選の「住民票移動」に間に合わない。
それに、公明党というよりも在日二世カルト教団の親分である成太作(別名・池田大作)がどうしても潰したい「矢野元委員長の証人喚問」もある。
ただ、自民につこうが民主につこうが、絶対に与党に居座らなければならないという事情(証人喚問問題の再燃以外にも山ほどある)もあり、実は絶対絶命状態なのだ。
国民新党に選挙協力を申し出て、亀井静香に暴露されたなんて笑えない話もあったくらいだ。

公明党というか創価学会が、いま持てる限りの圧力を使って「国民を呆れさせる内閣」を作り出したというのは考えすぎなのだろうか?

とりあえず思うのは、中川昭一や与謝野馨、野田聖子あたりは悪くない。
浜田靖一も、親父とは違って意外とまともだ。
石破茂も悪くはないが、この人はもっと話を簡潔にわかりやすくしないと上には立てないと思う。
考えていることはわりとまともなだけに、どうにかしたほうがいい。

残りのメンツについては…コメントするのも面倒だ。
二世とかそういうことではなくて、単純にヤバい。
とくに、河村官房長官は最悪の選択だと思うが(あれこそカルト成太作の思惑のような気がしてならないんだけど)。

やはり、自民にしても民主にしても、まともな人だけをチョイスして残していくようにするしかないだろう。
次の選挙は、やはり日本の将来を決める大一番になるようだ。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200809242230
<<小泉が海外逃亡しないか、マジメに見張っとこう! | やっぱり、毎日がけっぷち | またもや北朝鮮詐欺…いや、それじゃ済まないかも!>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。