バナーの詳細はここをクリック!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
とんでもねえ泥棒だ、こいつら…

頭にきた…ぐらいで済むレベルじゃねえ!
グーグルが進めようとしているグーグルDBというサービスだが、こんなものが進められたら、アメリカや日本のみならず、世界中の出版と言論がぶっ壊れてしまう。

これ、簡単に言えば、グーグルが世界中のすべての書籍を電子化し、無料・有料にて全文を閲覧できるようにするというもの。
ただ、問題なのは、これを無許諾でやるということだ。
そして、著作権者の異議があったものについては、グーグルが順次対応するというものである。

この件について、アメリカの著作権団体と揉めていたそうだが、どうやら合意が成立したらしい。
だったら、勝手にアメリカ内でやってればいいものの、どういうわけか、ベルヌ条約の締結された国すべて、つまり、この日本の著作物でさえも、文句を言われない限り勝手に使っていいという話になったというからとんでもない。

早い話が、文句を言わない限りは勝手に著作物を使われるというのだ。
こんな暴挙を許していいわけがないだろう!

だいたい、著作権というのは、著作権者の保護のためにあるものだ。
勝手に使用するということ自体がそもそも権利の侵害である。
とんでもねえ泥棒だ、こいつら…。

確かに、本を買う側は便利になるだろう。
だが、それは版権を持っている企業が自らそれをやればいいことであって、なにもそこに関わってないヤツらが勝手にやっていいものではもちろんない。

とくに、日本のマンガ業界は警戒すべきだろう。
日本でももちろん儲かっているが、いまでは海外でも多くの作品が発行されている。
つまり、海外戦略を考えているならば、発売と同時にアメリカで出版し、即座にグーグルへの転用を止めない限り、これまでのような利益を出すことはできないということにもなりかねない。

まさかそこまでやるわけがない…なんて思わないほうがいい。
連中は平気でそういった泥棒行為を「ルール」とぬかして実行するのだ。
それで何度も痛い思いをしてきたことを忘れちゃならない。

もっと言ってしまえば、出版社と書店というシステムが全部グーグルに呑み込まれる可能性すらある。
出版物のすべてが最終的にはグーグルという版元を通して発売するシステムに変わってしまうということだ。
よくも悪くも多様性なんぞはなくなる。

そして、そこで販売するもしないも、みんなグーグルの裁量になるのも言うまでもない。
当然のように言論統制にもつながる危険な兆候なのだ。

具体的対策としては、今後、おいらを含めた著作権がらみの仕事をしている人間は、目を皿のようにしてグーグル(しかもアメリカの)を見張るしかあるまい。
なんともバカバカしい。

日本の富のみならず、文化も教育もなにもかもを奪い去り、あげくの果てには知的所有権すら強奪しようとするアメリカ。
もうさっさとぶっ壊れろと本気で思う。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200902261604
<<テポドン撃ち落しショー、そろそろ開催のようで… | やっぱり、毎日がけっぷち | おいらは「政府紙幣論者」だが、いまの政府紙幣発行の動きには反対だ!>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。