FC2ブログ
バナーの詳細はここをクリック!

F22なんてポンコツいらねえから(笑)

なんでも、アメリカがF22を日本に売る方向で考え始めたらしいね。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091023AT2M2300S23102009.html

ていうかね、これはいくつもの理由において不要だ。

まず、戦闘機としての話だが、そもそもブラックボックスだらけであって、日本で整備もできなきゃ仕様変更もできないもんなんかまるで意味がない。
おまけに「日本から盗み取った技術」をふんだんに使いながら「日本以外の数カ国と共同開発」しているF35に移行しようとしている。
そんなポンコツなど、日本には不要なのだ。
ユーロファイターのほうがなんぼかマシである(べつにいらんけどな)。

だいたい、日本の技術を奪うためにアメリカがどんなことをやってきたかご存知だろうか?
有名なのはNECの事件だろう。
なんだったか忘れたが、執拗にある技術を出すように要求されたわけだが、NECはそれを拒絶。
その直後に起こったのがスーパーコンピューターのダンピング訴訟である。
結局、アメリカが世界でデカイ顔をしていられるのも、日本という国をほぼ独占的に占領したからにほかならない。

というわけで、アメリカとしては、なんとしても日本を「属国」のままにしておく必要があるわけだ。
実のところ、今回のF22というカードは、カネの問題なんぞではなく、このことに関する動きであると思われる。

F22なんぞを入れてしまったら、あの中国で「日本が軍事大国化する!」と、日本の現実も知らず大騒ぎしているアホどもがさらに大騒ぎすることになる。
国際金融資本に呑み込まれ、極東戦争を起こしかねない連中の発言力を増すことにもなるだろう。
東アジア共同体に関する話も吹っ飛びかねない。

というわけで、F22の輸入なんぞは、かえって迷惑な話だ。
絶対に受け入れてはならない。
いっそ、この事実を利用して「日本はあらゆる戦争に反対する立場として、F22の導入は自重する方針だ」とでも発言するのもありだろう。
これだけで、だいぶ中国人民の勘違いが吹っ飛ぶはずだ。
最近になって、日本が中国のインフラ作りに金銭面・技術面で貢献していた事実をニュースが伝えるようになり、中国内の反日派の度肝を抜いたなんて話もあるわけだしな。

ところで、その東アジア共同体に関する話だが、鳩山総理が「アメリカの参加を求める」考えを口にしたという。
それじゃなんの意味もありゃしない。
外圧に押されてきたのか、もともとの考えなのかわからないが、アメリカは東アジアではないのだから、ほっとけばいいのだ。

もっとも、おいらは東アジア共同体は「絵に描いた餅」であるし、そのままでもいっこうに構わないと思っている。
あくまでも構想として持ち上げることによって、東アジアが融和に向かえばいいという立場だ。
どうせ、よほどの世界情勢の転換(もちろん自然発生のものではなく、人為的なもの)がない限りは、我々が生きている間にそんな話がまとまるわけがない。
その頃には、アメリカって国家がどうなってるかもわからんし、そもそも地球上に存在しているかどうかもわからない(日本もこのままでは他人事じゃないけどね)。

そういう現実がわかってて、リップサービスとして言ってるだけならいいけどな。
とりあえず、今後もこの行方を見守る必要はありそうだ。

なんにしても、アメリカというかその裏の連中は、本当に諦めが悪くて困ったもんだ。

スポンサーサイト



別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200910241356
うわぁ…

こりゃ、マジでヤバいわ…。
ここ数日、忙しくてあんまり情報集めしてなかったんで、今日になって気づいたんだが、大地震の可能性、マジであるな。
ハザマの株が急騰って話もあるので、日本の可能性も高いかも。

すでに危険日に入ってるようなので、念のために注意を。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-466.html

ニュー東海アマの10月24日づけ記事では、東北方面が危険だと言っている。

http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm

あまりにも怖いので、手抜きだけどこれだけ。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200910241126
こういうアホが日本をダメにしてんだな

船井幸雄先生のページで連載している朝倉慶氏のコラムに、非常に気になるものを発見した。
こんなアホが山ほどいるのだとすれば、そりゃ、日本という国がおかしくなるのも当然だ。

http://www.funaiyukio.com/money2/index_0910.asp

ものすごく簡単に解説すると、為替が一定のレートに達したとき、権利が発生もしくは消滅するオプションを、日本の地方公共団体などが山のように所有しているってことであり、それにより国家危機に近しいダメージを受ける可能性があるってことだ。

これらのノックインorノックアウト・オプションは、日本だけじゃなくて世界的に問題になっている。
一時はこれのおかげで韓国の中小企業が大変な騒ぎになっていた。
中国では、これらも含めて、すべてのデリバティブ契約を破棄する権利があると口にするようになっている。

さて、これらのオプションとはどのような目的であるのだろうか。
建前では、為替の急激な変動に対応するリスクヘッジのためにあるという。
だが、実際には「そんなレートになる可能性は極めて低い」と考えて、儲けを出すためにやっている連中がほとんどだ。

だけど、これっておかしくないかね。
だってさ、その「極めて可能性が低いレート」を達成した途端、胴元が大儲けできるシステムなわけだろ。
いかなる操作をしてでも、そのレートをつけさせて、カネをひっぺがそうとするに決まってるじゃないか。

現実に、ヘッジファンドのようなハゲタカ連中はそんなことばかりやっている。
こんなことはいまに始まった話じゃないわけで、少なくとも公共団体とか大学関係者なら「絶対に知っていなければならない常識中の常識」だと思うわけだ。

おいらは大学時代に経済学部にいたわけだが、三流のド底辺大学な上に、6年在籍でクビになってるし、128単位中11単位しか取ってない上に、取れた教科もロシア語とか体育とかまるで関係ないのばかりというどうしようもない落ちこぼれである。
そんな人間でも、べつに勉強したわけでもなんでもなく「ロスチャイルド家のワーテルロー詐欺」とか「作られた世界大恐慌」くらいは常識として知っているけどな。

前者は、ネイサン・ロスチャイルドという強欲なおっさんが、イギリスとナポレオン軍が戦ったワーテルローの戦いのときに大儲けした話だ。
イギリスの勝利を知ったこのおっさんは、突然、イギリスの国債や企業の株式を山のように売り払った。
ほかの投資家たちも、ネイサンの様子を見てパニック売りに入ったわけだが、そうして暴落したものを根こそぎネイサンが買い占めてしまったのである。
これにより、大勢の投資家が破産に追い込まれ、大量の自殺者も出たという。

後者は、好景気に酔っていたアメリカにおいて、突然、通貨の供給量を絞ったことで、株価の大暴落とともに銀行の破綻が相次いだものである。
もちろん、この原因になったのは、民間が通貨発行権を握り、自由に金融操作を行なえるようにしたからだ。

こういう「まずありえないこと」を、百年以上も実現してきたのが連中だ。
そんなことはごく当たり前の常識だし、ましてや頭のいい連中ならそれを熟知しているはずだろう。
こんな商品の勧誘があったなら、むしろ逆に考えなきゃいけないのだ。
あたくしなら「なるほど、近いうちにものすごい円高が来るんだな」って考えて、騙されたふりをしながら対策するけどな。

いまだにわかってない人が多数のようなので、改めて書かせてもらうが、こういう詐欺的構造こそが金融というものの正体なのだ。
何度も書いているが、そもそも通貨という存在からして幻のようなものであって、一部の人間が本物の富を独占するツールのひとつでしかない。

昔から「日本は遅れている」なんて言われているが、そもそも遅いとか早いというのはまったく関係のないことだ。
日本は実体経済で伸びた国であって、あらゆる圧力や金融による押さえ込みにさらされたにも関わらず、それでも何度も実体経済だけで這い上がってきた。
逆の言い方をすれば、こんな金融のマジックのようなものは必要なかったのだ。

ハゲタカ連中は、金融によって、日本を乗っ取り、搾取するしか方法がないことに気づいて、長い時間をかけて計画を進めていたのだ。
金融ビッグバンだってそうだし、株式の制度変更も、数々の公共団体の民営化もそうだ。
それがさも「改革」であって、必要なことのように喧伝されているわけだが、その理由を明確に説明できる人がどこにいるってんだ。

結局、こういうデリバティブがらみの話だって、仕掛けられたワナに愚かにハマったわかりやすい事例であって、こういうアホが日本をダメにしたという証拠なのだ。

で、似たようなことはまだまだ世界中で起こっている。
ここ最近のアメリカ経済回復詐欺だってそうだし、中国のとんでもないバブルだって似たようなもんだろう。
金や原油の高騰ももちろんそれである。
テレビ東京あたりに騙された、自分でものも考えられない素人のカネがそのへんに流れ込み始めたなら、そろそろバブルも終わりってことだ。
ていうか、もうそうなってきている。

そんななか、あのムーディーズが「米国債の格下げ」に言及したなんてニュースもある。
これ、アメリカがヤバいという単純な話じゃない。
米国債を山ほど保有している国を引きずり込んで、世界をメチャクチャにすると宣言しているようなものだ。
日本ももちろん無傷では済まないが、その最大の狙いが中国だってことは言うまでもない。

まあ、いままでテレビに騙されてきた人たちも、近いうちにわかると思うよ。
そのときになってわかっても遅いんだけどね…。

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200910240956
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].