FC2ブログ
バナーの詳細はここをクリック!

18歳成人という概念について思うこと…日本の子供は幸せなのだろうか…

いま、日本では成人年齢を20歳から18歳にするかどうかで騒いでいると聞く。
ちなみに、おいらがいまいる香港では18歳が成人年齢で、酒もタバコも同時に解禁される。

正直なところ、法的に成人年齢が18であっても20であっても、大した問題ではない。
いままで通り20歳にしておいてもいいと思うし、18歳にしてもいいとは思う。
あたくしがここで述べたいのはそれ以前の問題だ。

世界に目を向けてみよう。
奇麗ごとを抜きにして率直に述べれば、子供というのは最大の弱者であって無能力者である。
日本だったらなにも考えずにのんきに遊びまわっているだろう幼少時から、いやというほど社会の現実を知らされ、自分の立たされている立場を感じさせられる。
そして、彼らは思うのだ「早く大人になりたい」、いや「早く大人にならなければ」と。

日本ではまったく逆である。
いつまでも子供のままでいたいと思うほど、日本は子供に対して甘い社会だ。
アジア全般、どこにいっても子供は大事にするが、それと子供が子供のままで幸福でいられるというのとはまったくべつの意味である。

18歳になったら、20歳になったら自動的に大人になる、というレベルのものではない。
逆に言えば、そうした一定年齢に向けて、どのように将来の大人たちを作り上げていくかということが重要なのではないかと思う。
いまの日本に欠けているのは、そういう教育の指針ではないだろうか。

これはおいら自身の個人的考えだが、日本では、社会に出たとたん、果たすべき責任やら義務やらが突然降りかかり、どう対処していいのかわからない若者が多いんじゃないかと思う。
彼らにとって、その直前まで社会というものが幻のように見えていたんじゃないかと思うほどだ。
正直言って、かわいそうだと思う。
幼少の頃から受験戦争に出され、それで将来のなにもかもを手に入れたかのように感じていたにも関わらず、目の前には突然社会の現実が立ちはだかる。
それからドロップアウトしたなら(もしくは教育に興味のない人が親ならば)ゆとり教育のような愚民化政策としか思えない環境ですっかり骨抜きにされる。

また、教育現場も悲惨なものである。
わいせつ行為を働くようなろくでもないヤツも確かにいるが、それが教師のすべてではあるまい。
彼らのサラリーマン化が言われて久しいが、自分がその立場に立ったなら、おそらく同じように振る舞うと思う。
なぜなら、いまの制度では、教師はサラリーマン化するしか自分の身を守る方法がないからだ。
いまの子供たちは、教師が弱い立場にいることを知っている。
叱り飛ばしたりしようものなら親が飛んでくるし、場合によってはあることないこと告げ口されて大変な目に遭うだろう。
体罰を食らわせたら教育委員会とマスコミ、ヘタすりゃ弁護士も連なってやってくる。
これで正しいことができるだろうか?
医者が医療訴訟になるのを恐れて、死亡率の高そうな患者を受け入れ拒否するという本末転倒な話もあるが、教育現場だって似たようなものじゃないだろうか。

子供の時分、あたくしはろくでなしもいいところだったので、先生方には本当に迷惑をかけたと思う。
殴られたことだって1度や2度じゃない。
家にやって来て説教されたのも何度もあった(さらにオヤジにも殴られた)。
考えてみれば、本当にすごい仕事をしてたんだなと思う。
昔「教師は仕事じゃなくて、生き方だ」と言っていた先生がいたが100%同意だ。
こんなこと、狂ってるほどの情熱がなかったら、絶対にできるわけがない。

そうして、おいらは大人になった。
たぶん、先生たちに大人にしてもらったのだ。
世界の現実から考えれば、まだまだ甘いとは思うが、その頃の日本はやるべきことをやっていたと素直に評価しているし、感謝している。

こういった現実にまったく目を向けることなく(むしろ、愚民化を促進したいかのように)成人年齢がどうこうという話は間違ってると断言できる。

おそらくは子供の早熟化と少年法がらみの話なのだろう。
だからといって、単純に子供に与えられた特権(と言ってしまうが)を早めに奪い取ればいいということではない。
少年犯罪の凶悪化が叫ばれているが、おおよそマスコミが騒いでいることと実態はかけ離れている。

第一、少年犯罪は、少子化のことを計算に入れてもまだ減少しているのだ(統計はグーグルで捜せば出てくるはず)。
この時点で、マスコミが妙な煽動をしていることはハッキリする。

凶悪化についても同様である。
むしろ、凶悪な少年犯罪が多かったのは戦後の話だ。
ただ、取り返しのつかない犯罪に対して、厳罰を処するべきという考えにだけは同意する。
それだけは絶対にやらなくてはならない。

そして、もうひとつやってほしいのは、情報の公開である…と言うと、被害者感情の話になるようだが、実は違う。
マスコミが大騒ぎしていた事件には、冷静に調べてみるとまったく違う展開のものが数多くあるのだ。
最大の例は「酒鬼薔薇聖斗」事件だ。
調べれば調べるほど、逮捕された少年Aは冤罪だったという確信が深まっている。
そのとき、弁護士のひとりは「成人していたなら、法廷で無罪を争うところだ」と言ったそうだ。
この言葉の裏に隠されたものを考えると、震えが止まらなくなる。

この酒鬼薔薇聖斗をヒーローに祭り上げて、実際に犯行に手を染めた少年もいるのだ。
そう考えると、マスコミや警察のやったことはとても捨て置けることではないのである。
彼らこそが、少年の凶悪化の世論を煽り、人々から冷静な考えを奪い取り、そうして今回のように都合よく法律を変えているのだ。
この現実を考えると、非常に怖い。

成人年齢18歳なんてどうでもいい。
それよりも、こういった日本の暗部と、子供たちが立たされている立場について考えることこそ、本当に重要なことではないかと思うのだ。

スポンサーサイト



別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200803042045
金というものについて考えれば見えてくるこれからの時代…たまにはまじめに論じよう…

最近、見てまわっているブログで「マスコミのバカ化」と「世界経済」にまつわるものを目にした。
ちょうど、そのふたつというのは、おいらがライフワークとして調べている内容であり、できるだけ早く世の中に広めていかなければならないと思っていることでもあり、また、無関係のように見えて見事にリンクするものでもあるのだ。

世の中には、不都合な真実というものが存在する。
この世界がひと握りの人間たちによって動かされているのはまぎれもない事実だ。
これを陰謀論として、暴論のように扱う人も多いが、根拠はある。

今回は金に関する話をしよう。
結論から言えば、世界でまっとうなバックボーンを持っている通貨は日本円しか存在しない。
こんなことを言えばウソだと言われるかもしれないが、日本は実質的に「無借金」の国だ。
1000兆円とも言われる国家借金(実は粉飾でその倍以上あるらしい)が騒がれているが、そのほとんどは国債であって、しかも持っているのは日本国民ばかりである。
その逆に、日本は海外にあるものも含めてその倍以上とも言われる資産を持っている。

では米ドルはどうなのか。
すでに紙くず同然と言っていい状態にある。
米ドルおよびアメリカがあれほどの覇権を維持してこられたのは、単純に米ドルが世界の基軸通貨だったからだ。
反米、親米を問わず、世界で米ドルが両替できない国はない。
多くの小国では、自国通貨以上の扱いになっている。

また、米ドルはオイル等の国際取引に使用される通貨でもあった。
多くの国はわざわざ米ドルを手に入れなければ、オイルを手に入れることすらできなかったのだ。

これにより、アメリカは大きな特権を持っていた。
自国がいかに財政赤字、貿易赤字に苦しんでいたとしても、米ドルを刷れば海外からものを買えるのである。
結果、米ドルは信じられないほどの量が世界に出まわっている。
一説には、アメリカ一国の経済規模の10倍以上とされている。
恐るべきインフレなのだ。
極論を言えば、香港ドルなみのレートでもおかしくないわけだ。

そんなアメリカにとって、最大の悩みなのが、この米ドルが基軸通貨から外れることである。
事実、すでにそうなってきている。
最近では、オイルの決済はユーロに切り替わりつつあるし、ロシアはルーブル建てを採用し始めた。
日本円を求めているところもあるという。
いまの米ドル安は、なにもサブプライムローンがらみばかりが原因ではないのだ(サブプライムに関してはまたべつの機会に、ヨーロッパでもとんでもないことになっているようなので長くなる)。

ちなみに、何年か前にオイルの決済通貨をユーロ建てに変更した有名な国がある。
まだ平和だった時代のイラクである。
さらには、周辺各国も同調して切り替えを検討し始めたそうだ。
それだけ書けば、なにゆえアメリカがいちゃもんつけて戦争に持ち込んだのかわかるだろう。

では、人民元はどうなのか。
長くなるので今回は結論だけにするが、中国経済は巨大なハリボテである。
バブル崩壊がソフトランディングになるのか、ハードランディングになるのかというレベルの話だ。
わかっていることは、どちらにしても中国国内は大変な騒乱になるだろうと思われる。

そもそも四大国営企業の不良債権率が4割を超えるとされている現状だ。
日本のバブル崩壊など、かわいいものに見えてくる。

こんな世界の経済的情勢について、日本のマスコミはまったくと言っていいほど報じない。
むしろ、逆効果のウソばかりを流している。
小泉純一郎の政治ショーなんてのは、その最たるものじゃなかっただろうか。

さて、そんなわけで、売国奴だらけのバカ政府連中がこれだけ足を引っ張りながらも、世界一健全な経済運営を続けてきた日本は奇跡の国である。
ついでに言えば、日本に戦争を吹っかけるようなバカな国もない。
アメリカもロシアも中国も韓国も北朝鮮も台湾も、実は日本に思い切り頼っている。

アメリカは、日本を失えば即沈没である。
ロシアは、いまのところつかず離れずだが、実は一番仲良くしたいと思っているのが日本だし、逆に日本にとっても国益にかなっている(だから鈴木宗男は潰された)。
中国とは、実は事務レベルでは歴史上かつてないくらい友好にやっている時期である(で、日本のマスコミとかいろんなものが邪魔しようとしている)。
韓国は、自国の経済がもう持たないことがわかっていて、なんとか日本から援助を引き出したいというのが本音だ。
北朝鮮、台湾は言わずもがなだろう。

残念なことに、その日本をもっとも過小評価しているのが日本人なのだ。
その間に、なにが起ころうとしているのか。

いま、国際金融資本の連中は、アメリカに代わって日本に寄生したいと考えているが、どうもあまりうまく行ってないようである。
彼らの本音は、とにかく米ドルに価値があるうちに日本の会社や資産を収奪してしまいたいのだ。
そして、自分たちが日本をものにするまで、周辺各国との仲を引き裂いておきたいという考えもある(あの中国バッシングにはそんな裏もある)。
ところが、サブプライムローンがらみで、早くも米ドル、米国債、米国株式の信用が失墜し、いま焦っているところと思われる。

こういう話こそ、マスコミにしろ、教育現場にしろ、教えていかなきゃいけないことのはずだ。
どちらも、すでに権力に呑み込まれてしまっている。
国民をみんなバカのままにしておきたいのだ。
余計なことを知られないように。

だからこそ、おいらは真実を伝えていかなきゃと思うのだ。
また、生意気ながら、同じように世界の仕組みについて書いている人たちにも、いくつか申し上げたい。
参考にしている資料のなかにも、多くのプロパガンダは存在する。
このことを決して忘れないでほしいのだ。
時流に乗っかったもののなかには、プロパガンダの上塗りになっているようなものも本当に多い。
著者本人にその意識はないのだろうけど、非常にもったいない話だ。
できることなら、現実を自分の目で見て、取材し、本当にそれが正しいのか冷静に考える作業が必要だと思う。

それから、これが重要なことなのだが、人はなにかひとつ悪い点があると、すべて悪いように思ってしまう傾向がある。
いまの中国に対するバッシングに、その怖さを見ることが多い。
確かにろくでもないところも多数あるが、それがすべてではないのだ。
思い込みほど怖いものは存在しない。

これらは自分に対して言っている言葉でもある。

さて、金に関して、ちょうどいいビデオを見つけたので、ぜひとも一度見てほしい。
このなかに、世界の金と権力の真実が見事に集約されている。
アメリカについて語っている内容だが、日本にもそのまますべて当てはまると言っていい。

http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771
http://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288

別窓 | 日本もがけっぷち | コメント:0 | トラックバック:0
200803041527
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].