FC2ブログ
バナーの詳細はここをクリック!

エロ本業界の内幕をちょっくら話してみようかな…<超初級編>

あんまり海外起業とは関係ないけど、日本でやっていた仕事のことでも話してみようかと思った次第。
ちょうど、ほかのブログでエロ本がらみの話をしていたのもあるし、いまやってる単行本仕事のデータがなかなかこないから暇なのだ(笑)。

いや、やる気になればやることはいっぱいあるんだけど、待っているときってなかなか気分が乗らなかったりするじゃないの。

さて、おいらがいままでにやった出版関連の仕事は、だいたい次のような感じ。

●編集者として

 <雑誌>
 コンピューター雑誌 3冊(1冊は編集長)
 エロ本(定期刊行) 4冊(ほとんど編集長)
 エロ本(臨時増刊) 8冊(たいていはひとりで作った)
 ちょっとエロ的雑誌 1冊(編集長)

 <書籍、ムック>
 コンピューター教本 20冊以上
 野球ムック     3冊
 営業ツール本    1冊(詐欺みたいな会社の)
 女子アナムック   2冊

●ライターとして

 <雑誌>
 エロ本記事     数限りなく
 女子アナ記事    数限りなく
 政治関連記事    数限りなく
 コンピューター記事 数限りなく
 野球記事      数限りなく

 <書籍、ムック>
 食品関連      1冊
 法律関連      3冊
 人物関連      2冊
 芸能関連      1冊
 経済関連      1冊

まあ、ざっとあげたところでこんなもんかな。
まだ忘れているのがあるような気もするけど。

このなかで、ひときわ目を引きそうなエロ本関連の話でもしてみよう。
今回はその初級編ということで(なんの?)。

エロ本でもっとも大事なもの、それはお姉ちゃんの裸である(言い切り)。
これはどんな方法で撮っているのか…これが多くの読者にとっての最大の謎であろう。
エロ本にロマンを感じている人は、これ以降の文章を読んではならない。
なぜなら、現実を知ればバカバカしくなるに違いないからだ。

世の中には、モデル事務所みたいなのが山ほどありましてな、そこに所属している女の子が星の数ほどいるですな。
みんな、できればそんな仕事をしたくないと思うかもしれないが、たいていの場合はこういうエロ専門モデルみたいなところなわけ。
こういうところに所属するためには、宣材と呼ばれる写真を撮るのだけれども、すでにその時点でパンツ一丁の写真を撮られる。
それを多くの編集部やらビデオ会社の人間が見て、撮影を依頼するというわけなのだ。
つまり、その時点で多くの人間たちに裸を見られてることになりますな。

で、そのギャラはどんなものなのか。
もちろん、これにもピンキリで格差がある。
まず、単体女優と企画女優という大きな扱いの差があるのですな。
前者は事務所が頑張って売ろうとしている看板商品、後者はそれ以外。
で、前者の場合には、いわゆるAV女優のような仕事をしている人がほとんどなのであります。

だけど、ご存知のとおり、エロ本のほとんどの記事は「街でナンパしたお姉ちゃん」とか「たまっている人妻」とか、そういうキャラってことになってるわけで、グラビアヌードページのようなものを除けば基本的には後者を使うわけですな。

そのギャラ…いやあ、ほんとに言いにくいな…でも書いてしまおう!
なんと、事務所に支払う金額で3万円~8万円くらいだ。
これはさまざまな諸条件によって変わる(目線の有無から、撮影内容までいろいろ)。
まとめて3人とか頼めば安くしてくれし、人気のある娘はふっかけてくる。

で、たいてい、丸一日撮影で拘束ってことになる。
ホテルの一室などを無断で使用し、パシャパシャとあられもない姿を撮られるわけだ。
この対価がこの金額…みなさんはどう考えるだろう?

一応、つけ加えておくが、あくまでも上記のは事務所への支払いだ。
女の子から直接聞くと「今日は1日1万円」なんてことを言ってたこともあった…。
恐ろしい…この日本で、その金額で脱いでしまうだなんて…。

こうしてやって来るお姉ちゃんたちにもいろんなのがいる。
「エロ本撮影なんて聞いてない!」ってのが結構多いな。
だけど、おまえ、すでに裸の写真撮らせて登録しているんじゃねえの?

また、事務所もいいかげんなのが多く、遅刻してくるくらいならまだかわいい。
突然、女の子が辞めてしまったとか、連絡がつかないとかで、無断でべつの娘を連れてくるケースも多い。
まあ、ヤクザな業界だからねえ。
事務所のバックに本当のそれがいるところも珍しくないし…。

で、最近はこれらの女の子の仕事もさらに過酷になってると申し上げておこう。
雑誌にDVDがついているのが当たり前になった昨今、これらのお姉ちゃんをビデオ撮影することも多くなった。
ギャラはその分上がるわけだが、いわゆる「本番」までいっても、いいところ15万円が上限だ。
それより安い、とても口にできないような金額が山ほどあるってことは、言わずと察してほしいところ。

ついでに、彼女たちにとっては悪夢としか思えない話を書いておこう。
これらの写真の使いまわしなんて、ごく日常のことだ。
一応、口約束では、1回使ったら終わりってことになってるが、事務所も編集部もまったく気にしていない。
同じ会社で作っているべつの雑誌に転用するくらいならまだかわいいもんだ。
業界が狭いだけに、他社との貸し借りだって普通に行われている。
目線でも入れちまえばわからないからね。

それに気づいた女の子がクレームをつけてきて問題になることもある。
縁談が破談になったなんて、シャレにならない話もあった。
だけど、これらの仕事には、常にそういうリスクがあることを忘れてはならない。
エロ本制作側のモラルも問題なのだが、はっきり言って、あっちはヤクザなお仕事なんでね、それを求めたところで無駄だと思う。

このリスクを本当に承知し、それでもやりたいというのなら、ぜひともエロ本業界に関わってやってくださいな。
おいらは絶対に勧めないけどね。

(たぶん、続く…)

スポンサーサイト
別窓 | 哀愁だらけの出版業界 | コメント:0 | トラックバック:0
200802261819
明日はビザの書き換えに行こうかなってことで、久しぶりに香港なのである…

おいらは香港企業の代表ではあるが、実質的に住んでいるのは中国の本土側、広東省深セン市である。
ときどき香港に用事があるので出かけてはいたが、このところ日本がらみの仕事ばかりで引きこもり状態であって、自宅近辺でのんきに過ごしている。

そんなおいらにも、どうしても香港に行かなきゃならないときがある。
ついにやってきたビザの書き換え。
今月末で期限が切れるのだ。
ちなみに、あたくしのビザはFビザというただの「訪問ビザ」で、言ってみれば長期観光者と変わらぬ扱いである。
そんなアウトローな形で住まわせてくれてる中国…本当にありがとう!(笑)

そこで、多くの人は疑問に思うだろう。
どうして、中国のビザ書き換えに香港に行くのだと…。
おいらも最初はそう思った。
だが、深センで会社をやっている人間に聞くと「Fビザの書き換えなら、悪いことは言わないから香港でやったほうがいい」とみな口を揃えて言うのである。
どうやら、時間はかかるし面倒だってことのようだ。

Fビザの取得については、たいてい、旅行代理店のようなところが代行している。
そのなかでも、手軽にやってくれる会社は香港に腐るほど存在するのだ。

日本でも中国ビザを取得することはできるようだが、実を言えば香港で取ったほうがいいらしい。
詳しいことはよく知らないが、中国のFビザには「公安部」と「外交部」それぞれが発行する2種類があるそうで、後者の場合にはマルチエントリータイプで期限が1年あったとしても、1回の入国あたり30日の滞在期間制限があるそうだ。
日本で取れるFビザはその後者のものだけらしい。
香港では、前者のビザを取ることが可能だ。

だが、そのビザもいま厳しくなってきているという。
去年の夏以降、1年有効のマルチエントリービザの発給が暫定的に中止された。
そして、去年の冬には、半年有効のものも中止となっている。
マルチエントリーでなおかつ滞在制限のないものは、最高3カ月でしか取れないようだ。

どうも、話を聞いていると、北京オリンピックがらみのようである。
政治的なことがいろいろとあるんだろうね。
いま、中国はオリンピック中の政治活動などに対して警戒している。

以前は、どうしてそこまでやるかなと懐疑的に見ていたのだけど、最近、考え方はずいぶん変わった。
中国政府は海外から入ってくる民主化勢力に怯えているんだと思う。
一見、民主化したほうがいいのではと、日本人には見えるかもしれない。
だが、まだ早すぎるというのがおいらの考えだ。
オリンピックの際にそんな民主化の騒ぎやら、台湾関係の騒動やらが起これば、本当にこの国は悲惨な状況になるし、その影響はおそらく日本にも来る。
まあ、この話はまたべつの機会に書こう。
一応、念のために言っておくが、あたくしは中国の信奉者でも工作員でもないからね。
素直にその姿を見て思ったことを書いているだけ。

中国人、たぶん、多くの日本人が思っているよりいいやつらだよ。
ろくでもないのも日本の数十倍いることは確かだけど、とにかく人が多いからね。
どこの国だっていやなやつ、悪いやつ、とんでもないやつはいるわけで。
そして、多くは親日だし、日本に憧れてる純朴なやつらなのだ(妬みもあるけどね)。

いま、日本でネット右翼(その表現が正しいかどうかはべつにして)みたいなのが多いけど、これって、中国のサッカー場で騒いでるやつらと同様に非常に恥ずかしい存在だと思う。
中国が非難されることは数多くあると思うのだけど、それで中国のすべてをわかった気になってしまうのは間違ってると思う。
少ない情報で煽動されていることに気づいていないのは、一番愚かなことだ。

最近の餃子の件、日本のマスコミがちゃんと報道しないので心配なのだけど、あれは明らかに事件だし、それ以降の中国バッシングの動きを見ていると、なにかの意図が働いているんじゃないかと思わされる。
こういう考えを「陰謀論」と言って切り捨てるのは簡単かもしれないが、一応、マスコミの底辺に存在する人間として、これだけはハッキリ言っておきたい。
日本(に限った話じゃないが)のマスコミは山ほど書けないこと、言えないことがある。
おいらの記事もしょっちゅうボツを食らってる。
例えば、経団連とODA利権、自民党と勝共(統一教会)および北朝鮮利権、酒鬼薔薇聖斗別人説、宮崎勤冤罪説、植草教授事件デッチアゲと自民党清和会などなど。
そんな危険なことばかりやろうとするからいつまでも底辺なんだと言われるが、それだったら一生底辺で結構だ。
本当のことも書けないのにライター気取りになってたってしょうがないからさ。

とまあ、いつものように話がそれた。
で、香港である。
上の話からの続きで言えば、香港というのもいろいろとうさんくさい場所ではあるのだが、そんな歴史的背景はともかくとして、あの街は大好きだ。
ビザの取得には1~2日かかることだし(特急扱いもあるみたいだが、あえてやらない)、安宿に泊まりつつ、健全なネオンのなかで飲んだくれてこようと思うわけだ。
妙に政治談義が好きな不良白人とかもいたりして、おいらはそういう連中と話をするのが至上の喜びである。

もっとも、原稿も書かなきゃいけないし、ノートパソコンとにらめっこしてないといかんのだけどね…(涙)。

別窓 | 中国も嫌いじゃないぞ | コメント:0 | トラックバック:0
200802261420
| やっぱり、毎日がけっぷち |
copyright © 2006 やっぱり、毎日がけっぷち all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].